<< エキシビション | main | 年が明けてました >>

自愛

JUGEMテーマ:フィギュアスケート

もしかしたら羽生くんは次のオリンピック

を目指すと決めてしまったのかな、と薄々

感じていたのだけど、昨夜の報道ステー

ションのインタビューを見て改めて、その

思いを強くしました。

だとしたら、複雑な気持ちです。

単純に嬉しい、とは思えない自分がいる。

ソチの表彰台に立っていた、子どもっぽい

笑顔の少年の、その後歩んだ道のりの険し

さは、今ほど「ファン」という立場では

なかった自分でも知っているので、もう

あんな思いはして欲しくない、ボロボロに

なってほしくない、と案ずる気持ちは強く、

でもまだ見ていたい、現役を続けて欲しい

と願う気持ちも当然強くて、何を望んでいる

のかもはやわからないです。

 

勿論それも本人の健康状態が良好であり

続ければ、という仮定の話でそれだけを

とってもかなりハードルは高いと思って

います。

 

彼がしたいようにすればいいし、最終的

に幸福になってくれたらそれで良いんだ

けど冗談でも「あしたのジョー」とか

持ち出されたら不安になります。私は

ジョーが大好きだし、最終回はいまだ

トラウマなので。

 

まあでも、良いことも一見良くないと

思えることも、全てはここに繋がって

いた、出来事のひとつひとつが欠けて

はならないピースだった、と思える景色

にいつか、羽生さんは立っているんだろう

な、と思っています。

 

羽生くんは世界中のファンから深く愛され

ている、以上に、羽生くんは羽生くんを深

く愛しているはずだから、自分をぶっ壊す

ような真似はしないと信じています。

どんなにスケートと勝利を愛していたと

しても、それが羽生結弦という人自身より

大切だなんてことはあり得ない。

 

以前、別の記事で書いたことと被るかも

しれないけど、私は羽生くんが他者を

リスペクトするのと同時に自分自身を

きちんとリスペクトしているところが

本当に好きです。

 

ものすごく冷静に客観的に自分を見つめ

ながら情熱を持って自分を愛している。

彼が自分を愛する理由は、それが人間を

成長させる一番の近道ということを

本能的に知っているからだと思う。

 

赤ちゃんが成長するのは世話をする人の

愛情が注がれているのと同時にまだ好き

嫌いの概念のない心が純粋に自分自身に

愛を注いでいるからだと思うので。

赤ちゃんに自分を嫌う理由はないし自分

に欠点があるなんてことは思わない。

怖いものも知らない。

 

成長してもその気持ちを持ち続けていら

れたら出来ないことなんて何もない大人

になれるだろうけど、そんなことはまず

あり得ない。

 

羽生くんが9歳の時の自分をよく持ち

出すのはそういうことを理解している

からじゃないかなと感じます。

 

「ひとよ」の感想とか他にも書きたいこと

はあるのですが、今はちょっと羽生くんに

ついての思考が頭の中をぐるぐる回って

いる状態なのでそれが落ち着くまでは羽生

くんの記事ばかり上げてしまうかもしれ

ないです。

 

 

 

 

 

夏生(なつを) * 羽生結弦 * 12:41 * comments(4) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 12:41 * - * -

コメント

こんにちは、
夏生さんがまた語りだして、とてもうれしいです。
そして、共感しながら読む私

実は昨日コメントを書いたのですが、送信がうまくいかず、書いたコメントがなくなってしまい、ものすごーく、落ち込みました

そして、仕事に行って、帰宅してすぐ、このインタビューでした

羽生君が望むままに!の姿勢は変わらないけど

思いは複雑ですね

時間があるときに、またおじゃまします



Comment by MISAKO @ 2019/12/10 3:37 PM
MISAKOさん
あんなにお返事が遅くなって失礼してしまったのに、またコメントしていただけるなんて、MISAKOさん、お優しい。
ありがとうございます。
でも消えてしまったコメントがあるのですね。このブログのスマホ版のコメント欄、ちょっと使いづらいですよね、すみません。お時間ある時、また書いていただけたら嬉しいです。
報ステのインタビューはすごく良いインタビューだったし、一日でも長く現役でいて欲しいという願望はありつつも、もう辛い思いはしてほしくない気持ちの方が、特に今現在は強くて。羽生くんが、勝利にそこまでこだわる人じゃなければ、北京が視野というのはガッツポーズでしかないんですが。
Comment by 夏生 @ 2019/12/10 4:00 PM
ここ2,3日は佐藤健君の情報が一気に押し寄せてきて、健君一色に染まっていたんですけど

ザギトワさんの休業宣言に少なからず、ショックを受けた

いや、ザキちゃん自身にはゆっくり休んでね、しかないけど、取り巻く環境は過酷だ。
なんで?特に日本の報道は事実上の引退宣言なんてあおっているのだろ…

またいろいろ考えてしまって、
ごめんなさい!またコメントしました

ほんとフィギュアスケートのこと話せる人回りにいないのです


Comment by MISAKO @ 2019/12/14 12:01 PM
私もザギトワ選手好きなので残念ですが、今休養するのは正解と思いました。少しの間でも喧騒から逃れ、勝ち負けの世界から遠ざかって、心と身体を休めて、また競技に復帰したくなった時には戻ってきてくれたら嬉しいですし。トゥクタミシェワ選手のように復帰してさらに進化する先輩がロシアにいるというのは心強いことなのではないかと思うんですよね。日本では一般紙までもが「事実上の引退」と記事を出していてずいぶん軽率だなあと感じました。とにかく、基本的に選手は必要なことしか言わず黙々と挑戦を重ねているのに、周り(それは自分たちファンも含めてですが)が好き勝手なことを言い過ぎなんですよね。
Comment by 夏生 @ 2019/12/16 10:24 AM
コメントする









このページの先頭へ