<< オータム・クラシック雑感 | main | ドラマ最終回話とスカーレット >>

V6の愛なんだ2019

JUGEMテーマ:ジャニーズ

 

トニセンの18年ぶりディナーショー、

おめでとうございます。行きたい。

そして坂本くん、手術が成功していて

良かったです。リハビリ頑張って、

あまり無理をされませんように。

ディナーショーならそんな激しく踊ったり

することはなさそうだけど。

こういうちょっと心配なニュースを嬉しい

ニュースと併せて発信してくれることに

ファンへの思いやりを感じます。

けど、なんかトニセン、羨ましい。

 

私は井ノ原担だけどユニットとしては

いまだカミ担なので(これは趣味の

問題。私はアイドルはキラキラしてて

オシャレでちょっとかっこつけてて

高嶺の花でいて欲しいの、アイドルは

信仰の対象だから)、カミセンでも

何か、って思ってしまうんだけど、

望み薄、ということもわかっている。

 

今年の「愛なんだ」は「それが何であろうと、

何かを好きになること夢中になること

それに熱中すること、は素晴らしいこと、

それが愛なんだ」という事を例年以上に

ストレートに伝えてくる番組になっていて、

笑いを盛り込みながらも全体的に真剣で、

気持ちよく見られました。

 

最初は笑ってたけどだんだんただの岡田

イジリになってファンからの心証も良く

なかった「岡田先生」のコーナーが今年

はなく、かわりにアクションの師として

本格的にグレードアップされた「岡田

先生」コーナーとして見ることができ、

すごく良かったです。

 

私はアクションにも格闘技にも一ミリも

興味が持てないし今の岡田くんの体型と

顔つきが全然好みではないけど、それは

それとして、やはり「何かを好きになること、

夢中になること、熱中して究めるまで

いくこと」の素晴らしさを学生たちと同様

に岡田くんにも感じたし、それが愛なんだ、

と思ったことであるよ。

 

普通に見応えがあったし、本格的で

単独で一本のドキュメンタリーとして

成立しそうなかんじだった。

健ちゃんの出番が大幅にカットされてた

のも残念なので、完全版が見たい気が

する。

 

作新学院もせっかく六人揃ってたんだ

からもう少し生徒と絡んでもう少し長

く見たかったです。学生さんクローズ

アップはどれも良かったけど六人での

わちゃわちゃ成分が少々足りなかった

かな〜。来年(もあることを前提に)

は25周年の年なので、V6ファンにも

ちょっとサービスした内容にしていた

だけると嬉しいです。

 

しかし今年私が一番最高と思ったのは

長野くんのウグイス嬢でした。

夏生(なつを) * V6 * 17:59 * comments(4) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 17:59 * - * -

コメント

遅ればせながら愛なんだ、観ました。良い番組でしたね!
私は今までの愛なんだはチラ見程度だったのですが、その理由があの岡田くんイジリがしんどくて観たくないな〜と思ってたのも大きかったので、今年の岡田先生のコーナーは安心して観ることができました。
岡田くんも生き生きしていて(熱すぎでしたが・笑)岡田くんが格闘技にハマりだした頃から離れた元ファンとしては複雑な思いもありましたが、今となってはご本人が楽しそうなら何よりです、と思えて嬉しかったです。
そんな岡田くんとは対照的にキャッキャとふざけている健ちゃんもまた可愛くて、改めて良いバランスのグループだなと(笑)健ちゃんのカット部分、観たいですねえ〜もったいない!
やっぱりぶいさんたちが6人揃ったときの空気感尊いですね。視聴率には戦々恐々しておりますが、ツイッターの視聴熱は良かったと思うので、きっと来年もあると信じております。
なんてったって25周年ですものね。来年はどんな祭りが待っているのでしょうか。

あと、トニセンディナーショーに対する夏生さんのお言葉に共感しかないです。私も、すごいな〜トニセン、と思った後、トニセンばかり立て続けで正直羨ましい、と思ってしまったもので。
健ちゃんはソロコンをやりたい夢があるそうでそちらも叶いますようにと思っていますが、カミセンでも…カミセンでも活動を…と願ってしまう自分もいます。私もカミ担なのだと思います。
Comment by olive @ 2019/09/28 1:19 PM
oliveさん、お返事が遅くなってごめんなさい。oliveさんが健ちゃんを好きになられてから、V6愛が以前より高まっているように感じられて私は嬉しいです。自称オタクでいらっしゃって、好きなものがいろいろ、たくさんあるoliveさんの心の中に、いつまでもV6兄さんたちの棲む場所が四畳半ワンルームくらいの広さでも、確保されているといいなあと、勝手に願ってしまっている私です。

愛なんだ、良い番組でしたよね。
しかし番組として良心的な誰も傷つけないバラエティで楽しいな〜と思う一方で、だけどもう少しV6わちゃわちゃ成分が欲しいのよ!と思ってもいました。
視聴率は翌日発表がなかったので、そんなに良くはなかったのでしょうねえ。ツイッターのトレンドには上がっていたのに不思議なものですね。まあでも話題にはのぼり、評判は悪くなかったということで今後も続けていただきたいなと。

岡田先生のコーナーはいじめっぽくて嫌だ、見ていて不快、という感想を聞くことが多かったです。単純に滑ってるというかと面白くもなかったですよね。健ちゃんのカット部分はほんと見たかったです。

25周年。
ジャニーズにおいて25年は鬼門の年なので、なんとかここを乗り越えてくれたら、そして無事に30周年に繋げてくれたら、と願っています。

トニセンのディナーショーについては、嬉しい、ありがとう、と同時に、ところでカミセンは…としょんぼりもしてしまったのですが、oliveさんもでしたか。
あのやたらオシャレ可愛かった、楽しそうだったカミコンからはや10年経ちましたよ!10年。今でもカミセンのアルバムは良く聴いてます。Hello-Good byeは
名盤過ぎます&#128557;井ノ原担でカミ担というねじれ現象が起きているこじらせたV6ファンなので、カミセンとしての活動の気配もないのは辛いです。

健ちゃんのソロコン!良いですね。きっと可愛くて楽しいものになるでしょうね。後輩さんも見に来るでしょうね。
健ちゃんには明るく華やかにゲストとかも呼んで派手にやってもらいたいな。
一方で井ノ原くんがアコースティックギター一本で小さい場所で地味にひたすら自作の陰気な暗い曲を披露してもらいたい願望があります。V6用に作った前向きソングではなく己の内面を全開にさらけ出した地を這うような曲をMCもなしで衣装はTシャツとジーンズとかで俯いて歌って消える、みたいな(笑)。

私が井ノ原さんに抱いてるドリームって、どうも70年代の学生運動とかやってる系の闇を抱えた若者的イメージなんですかね。

Comment by 夏生 @ 2019/09/30 10:30 AM
夏生さん、お返事ありがとうございます。夏生さんに「V6愛が以前より高まっている」と言っていただけるなんて、嬉しくてニヤけてしまいます。
自分では全然意識していなかったのですが、確かにそうかもしれない…と思うと何故だか無性に胸が温かくなりました。
やっぱり、6人がV6として存在していることが、昔は当たり前だと思っていたんですけど、実は全然当たり前のことではないんだな、と気付いたのが大きい気がします。当たり前のことじゃないんだ、と思う度にものすごい切なさに襲われますが、その分尊さが増す思いです。
出戻って以来、心の中にぶいさんが居ることの安らぎと愛おしさを思い出しては噛み締めている日々なので、これからも大事にしていきたいです。
そしてカミコンから10年、というお言葉に白目を剥く思いでした。ヒエェ…信じられない…(ガクブル)

あと、夏生さんの思い描かれる、健ちゃんのソロコンと井ノ原くんのソロコン、最高にツボです!どちらも観たすぎます。
70年代の闇を抱えた若者、というイメージは確かに、井ノ原くん自身その頃の音楽とか好きそうなので、なるほどな〜と思いました。あの時代の音楽の中にあるギラギラした感じとか寂しいほの暗さとかが、井ノ原くんの中にあるものと共鳴するんでしょうね。
井ノ原くんは本当に作詞作曲の才能あると思うので、ぜひともご自身の創作で昇華していただきたいです。内に秘めるなんてもったいない!それをあの歌声で歌われたら、と想像するとジタバタしたくなるほど良いですねえ。
Comment by olive @ 2019/10/01 10:10 PM
ここ何年か「当たり前なんてないんだな」と思わされることが連続して起きているので、本当に今こうして「在る」ことが尊くありがたく思えますよね。
先日友人宅で、90年代の昔のV6やキンキ
の映像を見せてもらっていて、まだ子どもでしかない剛くん岡田くん、若いけど垢抜けないかんじのトニセンが不安定なかんじにわちゃわちゃしていて感慨深かったのですが、健ちゃんだけは今とあんまり変わらなくてそこだけ時空が歪んでいるかのようでした。健ちゃん、何者なんだろう。

井ノ原くんと健ちゃんはおとなしいV6の中では先頭きって騒いでくれる二人(以前はここに剛くんが入ってたのに最近静かでちょっとさみしい)ですが、内面は
ちょっと複雑で闇を感じるところ、方向性は違うけどオシャレなところ、に共通点があると思っていて、それで二人合うのかな〜と。なので健ちゃんソロでも、カミセンにでも、井ノ原くんが曲提供してくれたら、今面白いものが出来そうな気がするんです。やっぱりV6に新しい動きをもたらすのはこの二人だと思うので今までありそうでなかった形や組み合わせもこれから試してみて欲しいです。可能性と才能のかたまりみたいな六人なので。
Comment by 夏生 @ 2019/10/03 10:16 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ