<< お別れ会には行ってません | main | 停電 >>

「COCO CHANNEL」のCOCOちゃん

 

Youtubeは長年お世話になっているけど

主に音楽を聴いたり過去動画を漁ったり

という使い方で、ユーチューバーと呼ば

れる方の動画を観たことはなかったし、

チャンネル登録ということもしたことは

なかったです。

 

「COCO CHANNEL」を知るまでは。

 

チャンネル登録なんかしなくても見たい

時に検索すればいいし親切に関連動画に

あがってくるじゃん、と思ってました。

 

そんな悠長なこと言ってられるか!

新作が上がったら即!秒で観たいんじゃ!

COCOちゃんが!新しいCOCOちゃんの

動画を俺に早く!と半ば中毒のように

なっているわたし。ブオー!新作が!

COCO姫の新作がアップされたぞー!

とのろしがあがれば出先であろうと

早く見たい衝動がおさえられず震える

指でスマホを操作してしまう。

 

COCOちゃんは現在2歳の女の子で、

生後まもなくからの子育て記録的な

映像がYoutubeのチャンネルに成長

の順にアップされています。

 

私、別に赤ちゃん好き子ども好きとかでは

全然ないし。癒しを求めるなら猫かうさぎ、

たまにおしゃべりなインコ、と動物の動画

ばかり検索して見てたんです。

それがこんな、人様のお子さんを夢中で

見て「はわー!かわいい!こんなことが

できるようになって!」とか遠くに住む

孫を動画で見るおばあちゃんのよう。

 

なんでこの子がこんなに好きかというと、

まず顔がかわいい。斜め横を向いた時の

頬のラインが酒井駒子が描く幼子の丸い

線と重なる。かわいいけど意外と男顔。

眉毛が太い。そして手がでかい。顔の

小ささと比較してそう見えるのかもしれ

ないけど、手がしっかりしてたくましい。

言葉をしゃべらないときから感情表現が豊か。

よく笑う。笑顔がとても素敵。泣く時は思い

切りギャン泣きで眉間に皺が寄った顔も鬼

のように可愛くて泣く理由も結構独特で

面白い(2歳になってからはあまり泣き顔は

見なくなりましたが)。食べたり、新しい

ことに挑戦したり、初めて見るものに触れた

時の反応が秀逸で、生命力に満ち溢れている。

 

癒される、というよりは何か大事なことを

教えられる、思い出させてもらえるかんじ

なのです。

 

私が特に好きで何度も観てしまうのが1歳の

時の「最近のココのモーニングルーティン&

ナイトルーティン」と題された映像。

 

朝起きてから朝食、夜の歯磨き、絵本の読み

聞かせの後就寝、という日常のひとコマを切

りとった動画なのですが、何度観ても胸の

中心あたりがジーンとして泣きそうになる。

 

「ママー!ママー!」と泣きながら必死の

形相でママを探しながら起きてくるココちゃん。

歯を磨いているママを見つけて泣き止んで、

ママをじいっと確かめるように見つめて、涙が

目にくっついたまま笑顔を見せる。笑ったと思

ったら次のシーンでは再びギャン泣きしており、

どうやらママの真似をして歯を磨いたらお腹が

すいてしまったらしく、海苔を一枚くれとお願

いし、「お着替えしてからね」と言われて悲し

くて爆泣き。根負けして「じゃあ一枚だけね、

一枚食べたらお着替えね、一枚だけ」とママ

パパ両方に念を押されると、海苔がもらえる

とわかったココちゃんは花がほころぶような

素晴らしい笑顔。たった一枚の海苔を大事に

両手で持って部屋を横切り、ココちゃん用の

小さい椅子に腰掛けて食べる。この一連の

シーンがもうたまらなく好きで何度でも見

れます。

 

朝起きてママがいない、その不安に泣き、

ママが見つかればこの世の幸福をひとり

じめしているかのように笑い、味海苔が

一枚欲しいだけで今度はこの世の終わり

みたいに嘆き悲しみ、一口で食べ終わる

海苔一枚で喜び笑い、その一口で食べ終

わる海苔を食べるために自分の椅子に

お行儀よく座る。この生命体の尊さ!

 

寝るときは自分で読んでほしい絵本を選び

ママが読み聞かせる。ママの読み方が上手

で優しくて愛情に満ちていて、ここでも必ず

泣きそうになります。

 

いったいいつまで、いくつになるまで、

この貴重なひとときを、成長するさまを、

垣間見せてもらえるんだろう。

 

そしてすべての幼い子が、ココちゃんの

ように豊かな日常を送り、幸福に成長する

世界でありますように。というはかなくも

切実な願い。

夏生(なつを) * - * 17:40 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 17:40 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ