<< 羽生選手関連 | main | なつぞら >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

愛しさで気が狂いそう

ある時ふっと

忘れていた想い、忘れていた場面、

忘れていたあの表情、忘れていた声色、

忘れていた言葉、ずっと忘れてた、

思い出すことのなかった、

情景が掌に乗せられて気づく

なぜ忘れていたのかに


こんなにも強い、この想い、

強い、強すぎる愛しさに

耐えきれずに隠した

奥の奥、底の底に

見えないように

気づかないように

もう二度と惑わされないように


愛しさで気が狂いそう

自分を壊してしまいそう

だから私は

前を向くために

明日も健やかに生きるために

この燃えさかる心の熱を逃がして

静けさの闇に沈めた


可哀想な可哀想なこの想い

今こうして掌に乗せているだけで

痛みが振動となって伝わる

捨てることはできない

でも共に生きることもできない

だからまた、さよなら

闇の奥の奥、底の底へ

さよなら




夏生(なつを) * ひとりごと * 12:12 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 12:12 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ