<< 今日も一日きみを見てた | main | 残像 >>

ファンとしてのスタンス

JUGEMテーマ:フィギュアスケート

 

羽生くんについての記事は今後書くのかどうか

わからないとは言ったけれど、現在好きなもの

の中で一番新しく新鮮で、知りたいこともまだ

まだたくさんあって興味のエネルギーが集中し

ているのは羽生くんだと思うのでやはり記事は

書く、と思います。

たぶん、私なりの変な角度からですが。

 

浅田真央さんの記事と同じく「スポーツ」の

カテゴリーに入れて羽生くんの記事を書こうと

すると何か違和感があって。どうも私の中で

真央さんと羽生くんて、見てる部分や語りたい

ことのジャンルが違う気がするので新たに羽生

くんカテゴリーを作りました。

 

真央さんの現役時代を応援していたときは、

もう少しゆるくフィギュアスケートという競技

を見ていた気がします。だからルールにも詳しく

ならなかったし、ジャンプの見分けもさっぱり

でした。

 

羽生くんを好きになったら、どういうわけだか

ルールを勉強せずにはいられなくなり動体視力

弱いのに頑張ってジャンプの踏み切りとか着地

とか食い入るように見ています。

 

これは、おそらくですが、選手本人がファンに

送る無意識の意図をこちらも無意識に受け取っ

ているせいだと思われます。

 

真央ちゃんは「私は頑張るけど観る人は楽しん

で観てほしい」派で羽生くんは「フィギュアと

いう競技そのものを自分を通して知って欲しい、

好きになって欲しい」派だろうと。

ただ正直、フィギュアのルールもジャンプの

見分けも私には難しいです。

 

でも、ルールをちゃんとわかっていないと、

ファンとして「ダークサイド」に陥りがち

なジャンルだと知っているので。応援して

いる選手の勝敗も含めて「ゆるく」見守る

スタンスであればルールに関しても「ゆるく」

で良いけど、知識はゆるいのに応援する気合が

ゆるくなかったらヤバいことになるから勉強は

するようにしています。

 

芸能界と違ってスポーツには勝敗があるのが

私にとっては辛いところです。本音を言えば

美しい人の美しい演技が見られればそれで良

いのですが、選手本人にとっては勝敗が全て

だろうし、特に羽生選手はその意識が強い人

だから、本人が欲しいものは獲ってほしい、

獲って幸福になってほしい、それを応援する

しかない、というスタンス。

 

でも、優勝するかしないか、誰に勝つか誰が

勝つか、そういうことよりも、私の興味の対象

は先の記事に書いた通り、「羽生くんの脳」なの

です。勿論演技が好き、人となりが好き、外見

もめっちゃ大好き、なんですが、私がギラギラ

とした熱い視線をもっとも注ぐ先にあるのは、

あの可愛らしい丸い頭に包まれた「脳」。

 

羽生くんを知ろうとして色々な本を読み始め、

「蒼い炎」という著作で以下の文章を読んだ時

から、その関心は高まりました。

 

『調子がいい時には、自分が跳ぶ瞬間のフォーム

が、跳びながら3Dで見えるんですよ。(中略)

360度、視界がすべて見えるんです。そんな

ことをいつもしていたから……地震の瞬間の光景

も、全部見えてしまって全部覚えてしまった。』

 

3D記憶脳。

ジャンプも自分の記憶の3D像に沿って跳べる。

これは一般的な脳と性能が違う。

記憶の画像は2Dで保存している人が圧倒的に

多いはず。記憶力が良いといわれる人の中に

この画像が鮮明に残り後からぼんやりとでなく

はっきり閲覧できる人がいますが、それでも

だいたい2Dなはず。それが3D。等身大サイズ

での再生が可能。すごすぎ。

 

このような高性能な脳をお持ちでは、視覚以外

の知覚の精度も周りの人と違うだろうし、普通

に生活していく上で色々と大変だろうなと。

今年三月の世界選手権の後の宮根さんによる

インタビューでは「人の悪意とかも見えたり

することがある」とちらっと仰っていたし。

 

けれど興味深い。

申し訳ないけどとても興味深い。

私の羽生くんファンとしての研究テーマはこの

「脳」についてです。

夏生(なつを) * 羽生結弦 * 00:05 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 00:05 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ