<< 20世紀少年 | main | やばい、すごいやばい、すごい >>

身体に毒ですヨ〜V6 LIVE TOUR 2007 Voyager〜

評価:
V6
エイベックス・エンタテインメント
¥ 13,000
(2008-02-13)
Amazonおすすめ度:
商品についてではないのですが
見る前の感想ですが
とても良いです。
 う〜ん、よくないっすねえ…。
 身体に。

 もう寝なくちゃいけないっていう時間に
 ちょっとだけ、と手を出したが運のツキ。
 こういうのっていつも特典から見たりするん
 だけど、つい本編から再生しちゃったのも失敗
 でした。そりゃもう最後までノンストップです。
 止められるわけないッス。
 
 11月というとまだほんの三ヶ月前の出来事なので
 いろいろ思い出されて。
 そう、この時の照明がきれいで感動したよ、とか。
 この衣装はちょっと笑ったね、とか。
 皆揃っての台宙が怖くていつも見るのが嫌だったんだ、
 とか。とか。
 ああ本当に、いいライヴだったなあ…

 とりあえず、ざっと本編。
 岡田君バースデーサプライズ。
 ドキュメント、三人分。
 だけ見ました。
 ドキュメント、あと三人分、MC集、ナポリタン、
 マルチアングル、にはまだ手をつけてません。
 本編もまだまだじっくり見返したい。
 
 今回初めて「あなたの評価」を★であらわしてみた
 のですが5つじゃ全然足らないです。星が。
 むしろ降らせたい!彼らの上に!
 (関東で「星の金貨」絶賛再放送中につき)
 
 本編。
 「ハジマリ」と「僕と僕らのあした」は泣くなあ。
 やっぱり。
 「ハジマリ」でスクリーンで流れた写真。
 「phot by ケン」の。
 あれがじっくり見れてよかった。
 マルチアングル万歳です。
 でも贅沢を言わせてもらうなら、これも×6
 マルチアングルに入れて欲しかった。
 ピアノを弾く岡田君の手元がもっと見たかった。
 でもこれはファンのワガママってやつですよね。
 写真が見れただけで十分です。
 「僕と僕らのあした」は最初、そんなにいい曲と
 思ってなかった。
 (PVが、あんまり気に入らなかったせいかも…)
 でも、このツアーが始まったら大好きな曲になって
 いました。
 歌う前に健君が必ず一言いって、それを聞くと
 いつも切なくなった。
 もうすぐコンサートが終わるんだなあというさみしさ。
 それと「V6がなくなってしまったらどうしよう」
 という不安。あの時期は結構いろいろと心配をしてて。
 イノッチは結婚するし(おめでたいことなんだけど)、
 これからどうなるんだろう、みたいな。
 「Voyger」ってアルバムはなぜか悲しい曲が多くて
 別れの曲みたいなのが多い気がして。
 
 そんなつもりじゃなかったのになんだか予定外に、
 V6を少し好きになりすぎた気がするから、もしも
 この人たちがばらばらになってしまうようなことが
 あったら自分はそれに耐えられるんだろうか…とか
 起こってもいないことへの不安でいっぱいだった。
 だから特に「ハジマリ」と「僕と僕らのあした」を
 聴くと胸しめつけられる思いで、どうか、どうか一日
 でも一秒でも長く、この人たちを見続けていられます
 ようにと祈る気持ちだった。
 
 岡田君のバースデーサプライズではなんといっても
 博の手紙に笑いました。
 岡田君…すごいパクパクしてる…。
 ものすごいパクパクしてる。
 思うさまパクパクしてる。
 とめようもなくパクパクしてる。
 大丈夫かっていうくらいパクパク。
 (ジブン、岡田君のパクパクフェチか、っていう)
 わかったよ、動揺してるんだね。
 動揺が口に表れてしまうんだね。
 それを悪魔かってくらい男前な笑顔で見つめるイノッチ。
 わざわざのぞきこんで爆笑する健ちゃん。
 面白いな〜

 イノッチといえば「WA〜」の後でハグしあう
 健ちゃん准ちゃんになにやら指示を出していた
 ことに驚きました。
 「オラ、いつものやれ!」
 ってかんじで。
 ときたまイノッチの男前っぷりにはくらくらします。

 ところでアマゾンのデータをふと見たところ
 あれ?値段が上がってる?!
 今在庫がないってことですかね…
JUGEMテーマ:V6


夏生(なつを) * V6 * 15:44 * comments(0) * trackbacks(1)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 15:44 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

From - @ 2008/02/29 9:36 AM
このページの先頭へ