<< ドラマ話 | main | 日々のこと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「せか猫」関連と「バクマン。」BD&DVD
JUGEMテーマ:映画

 たけるくん、ZIPの「究極クエスチョン」の
 コーナーにご出演とな。えー…、このコーナー
 って、映画が公開する週とかに出るもんなん
 じゃなかったっけ?なんで今?早すぎじゃね?
 映画の公開って5月だよね?!今のタイミング
 で主演俳優と監督がPRすることの効果に疑問。
 前売りの発売もまだなのに。今朝のテレビ見て
 ちょっと興味を持ったという人がいたとしたって
 5月までその興味が続くかといったら。一端、
 白紙になるよね。 「るろ剣」が公開の半年くらい
 前から画像や映像を小出しにしつつ長期的に
 煽ってたのはあれは超話題作だからだよね。
 「せか猫」のプロモがイマイチわからないです。
 新しく公開されたあの予告も…、まあモニター
 試写会がある時点でああいった形の宣伝に
 なるんだろうなとは思ってたけどさあ。

 久しぶりに拝見するたけるくんは相変わらず
 お美しくて何よりなのですが。
 日本にいなかったらしい期間がオフだったのか
 仕事だったのかはいまだ謎ですが、この輝きを
 見ると、お休みだったのなら良い充電だったの
 だろうし、仕事ならいい仕事をしてるんだろうな
 と思いました。

 ●佐藤健「今年は僕にとって猫年」
 (映画ナタリー)

 ●「世界から猫が消えたなら」に自信
 (映画.com)
 
 しかし「僕のキャリアにとっても、絶対に勝たね
 ばならない勝負作」?なの?そんな肩に力が
 入ってるかんじの作品と思ってなかったです。
 「背水の陣」みたいな切羽詰まったコメントに
 びっくり。ずいぶんと気負っているのですね。
 「セカチュー越え狙う!」なんて見出しの新聞
 もあったりして、それは別にたけるくんのコメ
 ントではなかったけど、ちょっとイヤだな、と
 思ってしまった。

 宣伝の際にはその作品ごとに的確な、でも強い
 コメントを言う方だと思ってたけど、今回のこの
 言葉は今までと違うかんじ。勝ち負けっていうの
 は興行が成功するか否かを意味してるのか評価
 のことを言ってるのか両方なのかわからないけど、
 私はこれを「勝敗」と見るのはあまり好きじゃない
 ので聴かなかったことにしておくね。だってさ、
 ヒットしなかったら、賞が取れなかったら、それは
 「負け」ってことなの?たけるくん、この世界には
 勝ち負けはないって、だからオセロとかの勝負事
 を求めたくなるって、そう言ってなかったっけ?

 そして「バクマン。」のBD&DVDは4月20日発売。
 http://bakuman-movie.com/bluraydvd.html

 豪華版の方の特典が楽しみです。
 うちの弟の誕生日の2日前なので、なんなら通常版
 をプレゼントしても良い。
| 佐藤健 | 22:11 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:11 | - | - | pookmark |
コメント
こんにちは
今回の健くんの勝ち負けコメントには私も「ええ〜?」となりました
一番遠い台詞だろうと思ってたから
きっと次の役が入っちゃってんだと一時は無理やり自分を納得させました(笑)
もしくは長くアメリカにいる間に何かあったのか…

そういえば作品毎にそれこそ命を削って役にのめりこんでいる姿は常に見てきていたんですが、環境はここ何年も安泰というか安定した中で仕事ができてきたわけで、もしかしたら改めて攻める時期なのかもしれませんね
見た目がかなりしゅっと締まって、この頃気になっていた顎のラインも復活していていつもよりそこはかとない闘争心というか尖ったものを感じましたし

ま、今晩のたけてれでそこら辺りの雰囲気はわかるかな?
と思っています(お仕事新ネタは無いだろうけど…)

しかし、悪魔の笑い声にまた「やられたー」と思いましたよ!
この映画の勝負なんて本人の中では1年前に終わってるのかもしれませんね

なんか支離滅裂になってしまいました(汗)
| イーサンH | 2016/01/28 10:17 AM |
☆イーサンHさん

「るろうに〜」の時でも勝負作なんてこと
言わなかったのに、なんか不思議ですよね。
どうしちゃったんだろう。
ただ、この作品て、たけるくんの最新作であり
つつ、この後に待機してる作品は一本もない、
いわば現時点での最終作でもあるので、まさか
この後、なーんにも予定がない、かじゃないよね…
と若干ガクブルしてます。


>きっと次の役が入っちゃってんだと

なるほど、そういうこともありうるか…

>もしくは長くアメリカにいる間に何かあったのか…

アメリカナイズ(笑)?

>もしかしたら改めて攻める時期
>なのかもしれませんね

うーん…でも、私にはこの作品が攻めてる
作品に思えない。「一人二役」ったって、
「電王」ではもっと数こなしてるわけで、
「お手のもの」としか思えないし「セカ
チュー越え」とか言ってる時点でいつの
時代よ?っていうかちっとも攻めてない
と思うんですよね。

>顎のラインも復活していて

そこ(笑)!敢えて指摘はしなかったけど
私も思いました。そのぶん印象がシャープ
になって精悍さが増した、と思いました。

>お仕事新ネタは無いだろうけど…

番組でお仕事上の発表があったことって
ないですもんね。

>悪魔の笑い声にまた「やられたー」
>と思いましたよ!

表情も悪質なかんじで良かったですよね。
「悪魔」のお芝居は私も楽しみです!
| 夏生 | 2016/01/28 4:06 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovesummer108.jugem.jp/trackback/3652
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH