<< 新年のご挨拶 | main | ドラマ話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
SMAP
JUGEMテーマ:ジャニーズ

 SMAPについては、突然の解散報道から今日に
 いたるまでに既に語りつくされた感があり、今さら
 無理に何か書かなくてもという気はするのだけど、
 一応ジャニオタのはしくれとしての思うところは記
 しておこうかと。

 御多分に漏れず先週のスマスマは見ました。
 (ちなみに神木くんが出た週も見た。可愛かった)

 いやー…。
 本当になんとも、薄気味の悪い後味の悪い会見
 でした。本当にこれでいいのか?って思いました。
 見ていて背筋がぞわぞわした。

 そして何か、急に絶望した。このジャニーズという
 組織に属するタレントを愛していくことに絶望した。
 もともとあそこの事務所に夢や希望を見出したり
 したこともなかったけど。企業としての顧客に対する
 姿勢に代表される高圧的な体質への負の感情しか
 なかったけど。でもJに限らず、芸能事務所って似たり
 よったりなのかもって思ったら、もはや芸能人を応援
 すること、芸能の世界から供給される、時間や物に
 お金をつぎこんで楽しむこと自体、罪深く虚しいこと
 なのではないかというところにまで落ち込みました。
 (注:私はとても極端な人間です)

 そしてあのわずかな時間の生の映像で多くの人が
 受け取った印象とは逆に、直後の主だった報道に
 おいては、テレビでも紙媒体でも「解散回避」という
 祝福ムードのストーリーが前面に打ち出されており、
 それに対してもぞわっとしてしまった。

 情報というもののあやふやさ、得体のしれなさ、
 それに力を加えることによって、丸くも平たくも
 細長くもなるものだということ、メディアを通して
 届けられる情報は、どこかの誰かの意図により
 捏ねられた粘土細工のようなものなのだという
 ことを改めて知る。

 そしてその粘土細工は粘土であるゆえに届け
 られた先でもまた好きなように形を変えもする。
 すわ解散か、という情報が流れた際の、各々
 の受け止め方の違い。いわゆる、「一般」では
 なく「ファン」界隈において、メンバーの誰を一番
 に応援しているのか、古参か新規か中堅か、等
 によって、共有するストーリーが全く違っているの
 を感じた。

 しかし同時に、今この時の、生の映像が伝える力
 の、情報量の侮れなさ、凄まじさというのも思い知
 った気がする。あれを見て単純に、「わー良かった」
 と額面通りに受け止められる人ってそんなにいない
 のではと思ったが。

 あの日のスマスマから個人がそれぞれ受け取った
 情報と、報道された情報とのすれ違いや違和感、
 拡散された情報もまた変質するということ、それを
 まざまざと見せつけられたこと、を心に留めておき
 たいと思ったし記録しておきたいと思った。この記事
 を書いておこうと思った動機の半分はそれです。
 おそらく今後ますます、個人が情報というものに対し、
 敏感でいなければならない時代がくるはずだから。
 
 しかし改めて思うのは、自分はやっぱりあの事務所
 が好きになれないな、ということ。キンキを好きだった
 時代も、V6を好きな今も、一貫してジャニーズという
 組織に対しては距離を置いてきた。心を開いたことが
 ない。ジャニーさんが作り出す世界、やそのセンスに
 感銘を受けたこともないし(あの独特のダサさやバカ
 っぽさを楽しむという高等な趣味を持ちあわせていま
 せんし)事務所に所属してる子みんな大事とか仲間
 たち最高とか思ったことがないです(だからカウコンも
 苦手です)。
 
 例えば佐藤健くんを好きだからといってアミューズの
 俳優を同じように応援したりはしないし(アミューズは
 とてもいい会社だとは思います)、能年玲奈ちゃんが
 好きだからと言ってレプロを大好きになったりしない
 のです。むしろレプロのことは嫌いです。

 対個人であろうと組織であろうと、また架空のもので
 あろうと、人間以外の動物であろうと、生き物であろう
 となかろうと、関わる以上は、繋がりを持つ以上は、
 間に、愛と敬意を介在させたい、と思う方なのです。
 きれいごとではあるかもしれないけど。 

 そうでない関係は正直疎ましい。人とも組織とも
 なるべくなら愛情を持ってつきあいたいし、架空の
 世界は丁寧に味わいたいし、ペットを飼うなら一生
 大事に、食べ物は美味しく味わいたい。人や組織に
 ぞんざいに扱われるのは嫌。そんざいに扱うのも嫌。
 
 ジャニーズという組織にはファンという名の顧客に対
 する愛と敬意に欠けている。所属している、個々の
 タレントが、ではないです。会社がです。それはチケット
 の売りさばき方等によく表れている。それを客側が、
 「仕方ない」「当然のこと」って認めちゃってるのもどう
 かと思う。そして顧客に対してのみならず、社員や所属
 タレントに対しての愛と敬意も薄い、というか極端に偏っ
 てるんだよなあというのが、今度の件でよくわかりました。
 いや、そんなこと知ってたけども、思い知らされたよね。

 すごーく美味しいラーメン屋があったとする。特にその
 店のチャーシューメンがめちゃめちゃ好きで、毎日でも
 食べたいくらいの味だったとする。でもそのラーメン屋
 の店主が客を客とも思わない態度だったら、私はその
 店を好きにはなれないんですよ。チャーシューメンは
 食べたくても。だからなるべく他のメニューに目を向け
 ないようにするし、店主とも関わらないようにするし、
 チャーシューメンを出さなくなったら二度と行かない。
 客を客と思わない、までならまだしも、売り物にしてる
 ラーメンまで粗末にするようならば、その店、完全に
 終わってる。開店当初からスープ作ってたおじいさん
 が死んだら店は傾くでしょう。

 私はもともと、ジャニーズとジャニーズのタレントさん
 が苦手だった。人気はあるけど、これといって芸もなく
 (歌下手・芝居下手)、面白くもなく、顔だってそこまで
 良くもなく、なのに妙に俺様で、勘違いしてる超感じの
 悪い人達の集団、という印象、だった。現在はどっぷり
 ジャニオタって人の中にも、同じように思ってた人結構
 多いと思います。その印象を変えてくれたのは明らか
 にSMAP兄さんたちでした。
 
 90年代にメキメキと音を立ててブレイクしていった
 当初のSMAP、本当にかっこよかった。それまで、
 J事務所でトップの人気を誇っていた人たちの魅力
 が私にはさっぱりわからなかったけど、SMAPは、
 ああ、これは人気出るのわかるわっていう説得力
 がありました。

 「SMAPファン」にはならなかったものの、はじまった
 当初のスマスマは毎週欠かさず見ていた。ファンに
 ならなかった最大のポイントはやはり「歌唱」です。
 下手な人の歌聴くの苦手、音程を外した歌を聴くの
 が真剣に苦痛なんです。だから、メンバーでは中居
 びいきだったけど中居くんの歌は全然好きじゃない。
 真正音痴というよりはキャラを守るために歌上手く
 ならないようにしてるくさいのも気にいらない。声は
 綺麗なのに、勿体ない。 

 SMAPというグループには好感を持っている、個々の
 メンバーも好き、だけど「SMAPファン」ではないので、
 SMAPというグループにまつわるストーリーを共有して
 いないし「夜空ノムコウ」を筆頭に好きな曲はあるけど
 (みんな大好きらしい「〜花」は私好きじゃないです)
 SMAPの音楽を特に欲しているわけではなく、応援
 はしたいけどCD購買運動には加わりたくないし、
 「解散してほしくない」というよりは「5人それぞれが
 納得のいく道を選べますように、幸福になれます
 ように、それがどういう形でも」という気持ちです。
| テレビ&ドラマ | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 18:41 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovesummer108.jugem.jp/trackback/3650
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH