<< 第66回紅白歌合戦の感想 | main | 新年のご挨拶 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
佐藤めくるDVDをやっと観た
JUGEMテーマ:好きな俳優
 
 なかなか観る時間がなくて、年が明けてから
 ようやく、封を切りました。

 撮影風景よりも移動してるシーンの方が多い
 くらいでちょっとロードムービーみたいな雰囲気。
 映像の色味もオシャレ。

 全体として、「ドライでクール」な印象でした。
 撮影シーンも、インタビューシーンも。
 たけるくんはキョトンとあらぬ方を見ているか、
 目を伏せているかで、喋っている声も低く静か。
 でもたまに、ぴりっと鋭い視線を向けたりもする。

 一番好きだったのは、黄色いお花を持たされて
 撮影してるとこ。ああいうのが好き。ああいった
 雰囲気、ああいう表情が好き。わかり安すぎる
 私の趣味(笑)。wildよりmild派。

 ファッションだと、ピアノの鍵盤の上に敷くカバー
 みたいなマフラーを巻いたシンプルなスタイル
 がいいな、と思いました。

 そしてやっぱりこれは私の好きな形だと思った。
 顔。鼻の形。唇の形。顎の線。目尻の切れ上がり。
 全部、心地いい、心地良い形。こんなふうに理想的
 だと思える顔のパーツの形ってなかなかない。

 けど、眉間と鼻に皺を寄せて「イーッ」てする表情は
 好きくない。その顔、どうしてもしなきゃダメなの?
 トレードマーク?たけるくんの「一番いいお顔」なの
 かな。絶対その顔をするから、たけるくんの何らか
 の自己表現なんだろうとは思うんだけど、ちょっと
 子どもっぽいし、綺麗な形が台無しって思う。

 ずっとずっと、カメラの前に立っていなくちゃいけ
 ないお仕事。常に見られて切り取られて。すごく
 大変だな、と思う。こういうお仕事って。最初の
 何年かは新鮮で、楽しいかもしれないけど、それ
 が日常って、すり減るよね、きっと。特にたけるくん
 は頭の良い人だと思うから、何でもすぐコツを掴ん
 でしまって、そうなった時に、役を演じてるわけでも
 ない、自分自身の瞬間の形を切り取られることに
 対するモチベーションを保ち続けるのって、結構、
 しんどいことなんじゃないか、とふと思ったりした。
 いつもみたいに「るんるん」した感じの撮影シーン
 じゃなかったから、そう感じてしまったのかもしれ
 ないけど。
| 佐藤健 | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:57 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovesummer108.jugem.jp/trackback/3648
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH