<< SMAP | main | 「せか猫」関連と「バクマン。」BD&DVD >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ドラマ話
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 前クールは、朝ドラ以外の連ドラを1本も見て
 いなかったです。興味あるのはいくつかあった
 のですが初回を見逃したまま、どうにもやる気
 が出なかった。

 「デザイナーベイビー」と「コウノドリ」をたまに
 見てたくらいかなー。「デザイナーベイビー」は
 面白かったし、「コウノドリ」はこんなの、そりゃ、
 泣くわ!!っていう。そういえばどっちも新生児
 が出てくるお話だったですね。

 あと、「わたしを離さないで」の番宣をかねていた
 だろう「白夜行」の再放送もたまに見てた。はるか
 さんも山田くんも若い!もう10年前なのか。

 「白夜行」原作中には描かれていない亮司と雪穂
 の繋がりは、こんな綺麗でウェットなものではない
 と思うしそれはおそらくドラマ制作陣もこれが原作
 の裏側の真実だ、などと考えて作ったのではない
 と思うんだけど、別物としてこれはこれで嫌いじゃ
 ないです。原作の世界観や登場人物に愛のある
 二次創作ってかんじがするので。

 以下は現在放送中のドラマについて。


 真田丸
 
 2年ぶりに大河ドラマが帰ってきた感があります。
 昨年と一昨年の作品のファンには申し訳ないが。
 だって、まずは単純に面白く、だから、舞台となる
 時代背景や、人物に興味を起こさせるので、自ら
 調べてみようって気になる。調べた上で、この先に
 起きる事件がどう描かれるのか楽しみになるし。

 一年間、この人物なり一族なり、ドラマの世界観
 なりとつきあってゆきたい、という気持ちにさせら
 れる、私にとってはそれこそが「大河ドラマ」です。
 一年通して放送されるドラマなんです。描かれて
 いる人や事や物に興味を持ちたいし好きにもなり
 たい。大河ドラマの初回はこれから1年間の長旅
 の出発地点。乗り物がショボくて不安とか、旅の
 始まりからしてときめきを感じられないとか、だと
 どうしたって腰が引けます。今回は初回を見て、
 2016年は「真田丸」に乗った!という気になれた。

 なんといっても毎回時間があっというまに過ぎる。
 あれっ?もう終わっちゃった?って思う。
 出てくる人出てくる人可愛げがあって魅力的で、
 主人公を始め、誰ひとり無意味に持ち上げられ
 てる人もいないし、上げるために下げられてる人
 もいない。停滞する時間がほとんどなく、テンポ
 良く、話の運び方、繋げ方がさすがに上手い。
 どうしたってあの一昨年の、45分が90分くらい
 に感じられた、興味の持てそうな人物が一人も
 見つけられなかった戦国大河を思い出してしまう。
 めぐりあわせとはいえ、かえすがえすも無念。

 で、やっぱりなんといっても昌幸お父さんよね!
 草刈正雄様、最高。いつもダルそうなやる気なさ
 そうなボヤキ顔で、とんでもないこと企んでいる。

 けど、自分が長女だもんで、長男長女気質の
 キャラクターには滅法弱く、それでいくと源三郎
 信之がやはり一番気になる。可哀想。可哀想だ
 けどちゃんとかっこいいし。最近大泉洋さん好き
 かも。あ、ブルーリボン賞主演男優賞おめでとう
 ございます。

 堺さんの信繁は、まだ子どもっぽくて可愛らしい。
 いかにも若作りな芝居をしてるわけではないのに
 十代の若者っぽく見えなくもないのがすごい。大器
 の片鱗は感じさせるけど、父譲りの聡さも垣間見え
 るけど、まだ今のところつかみどころなくふわふわと
 した存在感なのが面白い。

 女性陣は、長澤まさみに黒木華。どっちも好きだ
 けど、綺麗な着物を着ている綺麗な子と、薄汚れ
 た野良着を着た可愛い子だったら、やっぱりさあ、
 野良着に行くよね。好きな幼馴染の恋を応援して
 ばかりのサバサバ系、といったところのきり役の
 まさみも切なくていいんだけど、やっぱりしおらし
 そうな顔して喧嘩が強く力持ちの野武士の娘、に
 惚れるわ。信繁、趣味がいいわ。わかるわかる。

 あと、第1話と第2話に出た、武田勝頼さまがね…。
 平岳大さんて、こんな透明感のあるたたずまいの人
 だっけ。もっと、アクの強い、濃い、印象があった。
 なんかもう後ろが透けて見えそうな清らかさが哀れを
 誘いました。


 わたしを離さないで

 このお話の「設定」のショッキングさを最初に掲げ
 て、おどろおどろしく悲しげに、物語の幕を上げる
 のって私の中では何か違う。そうした方がテレビ
 的なのもわかるし、三か月間「設定」の謎を引き
 ずるのも無理があるのはわかるけど。やっぱり
 連続ドラマ向けの題材ではないのではと思った。

 
 ちかえもん

 面白い!!好き!!以上!!
 どこが面白くてどこが好きかってことをくどくど
 説明したくない(笑)。内容ももちろんだけど、
 映像が、画が好き。早見あかりちゃん最高。


 ダメな私に恋してください

 ないようってないよう。だけど、おディーン様
 の顔面が超好みだし、深キョンは相変わらず
 お人形のようだし、主任のcafeお洒落だし、
 映像のトーンも好き系だし、主な出演者綺麗
 な人ばっかりで、全体的に映りこんでくるもの
 が目に優しいドラマだと思います。面白いとか
 ではないんだけど、ただ漠然と眺めていて、
 視覚的に嫌な感じがしない。拾ってきた猫も
 かわいこちゃんだし。

 けど「私なんかおばさん」「モテたこともない」
 「殿方からプレゼントをもらったこともない」
 「処女」とか言ってるのが、特にメイクダウン
 もしてない、洋服も可愛らしい、通常モード
 の「深キョン」なので、まるで説得力がない
 というか、何言ってんだコイツってかんじ。
 モテないおばさんが、あんな白いコート着る
 かよー。

 深キョンて、デビュー当時は結構体当たりな
 お芝居してて、大器を感じさせてたのに、
 なぜこんな「可愛いのプロ」みたいな女優に
 なってしまったのか。嫌いじゃないけど嫌い
 じゃないだけに残念。地声が低いのを気に
 してるのか、演技してる時、いつもすっとん
 きょうな発声だよね。バラエティに出てる時
 のあの低い声でもいいのに。いつか何かの
 作品で、「可愛い」をかなぐり捨てた芝居を
 して大化けしてくれないかな、と期待してる
 のですが、いつか。

 
 いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

 なんでこのクールはタイトルの長いドラマが多い
 のか?しかしこれが長さではダントツ。

 「東京ラブストーリー」の頃から、脚本の坂元さん
 は一貫して、「痛み」というものを作品の中で大事
 に表現していると思うのです。語弊があるかもだ
 けど「痛み」が好きな作家なのだと思ってる。

 しかし「痛み」にも耐えられる痛みと耐えられない
 痛み、わりと平気な痛みと、苦手な痛みとあると
 思うんですよ。頭痛は平気だけど、腰痛は無理
 とか。鈍痛より激痛の方がマシとか。

 今回のこの「痛み」は苦手な痛みだわー。
 「Mother」「Woman」「それでも、生きてゆく」
 の痛みは歯を食いしばりながらも、多少の甘美
 さを感じつつ受け止められたけど、この痛みは
 私が最も苦手とする痛み。第2話の途中で高良
 くんが高橋一生くんに嫌がらせされるあたりで、
 耐えられなくなって、テレビ消しちゃった。思い
 直してネットの見逃し配信で見直したけど。

 どうしようかな。もうちょっと見てみようとは思って
 いるけども。


 あさが来た

 正直、最初の頃と比べるとそこまで面白い、と
 思って見てるわけではない、というのが本音。
 もうちょっと両替屋から銀行に移っていくあたり
 を丁寧に描いてくれるものなのかと。なんとなく
 「八重の桜」の明治編とか「花子とアン」っぽい
 かんじにトーンダウンしてきてるのが残念です。
 幕末の頃はもっとお話に熱気があったと思う。
 今後盛り返してくれるといいんだけど。

 このドラマの収穫の一つは何と言っても玉木宏
 さんを好きになれたこと。もう一つはやっぱり、
 ディーン・フジオカ。新次郎さんも大好きだけど
 私はやっぱり五代様派でした(笑)。「でした」、
 なのが寂しいですけど(別に五代様ロスまで
 ではないけど)。

 おディーン様、面白い。スタパに出た時と、
 もちろん、あさイチのプレミアムトークと
 両方見たけど、ついでにAスタも見たけど、
 こういう言い方はアレだけど、なんていうか
 「外人」。

 ルー大柴的な喋り方も、変にポジティブで
 トンチキなのも、周囲に「違和感」をまとって
 いるのも五代さんそのまんま。

 そして顔が、特に目が好みのタイプです。
 あと結構口が大きくて笑った時にパカッと
 開くのもいいと思う。ヘアスタイルは「ダメ恋」
 の主任みたいに前髪下ろしてるより、五代様
 風におでこをあげた方が似合うと思う。たける
 くんもそうだけど面長で優しい目鼻立ちの美形
 はおでこ出した方が素敵に見える(持論)。

 でもなんかほんとリアルに妖精さんのようで、
 今は日本にいてくれてるけど、またすぐどこ
 かに飛んでっちゃいそうですよね。


| テレビ&ドラマ | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:10 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovesummer108.jugem.jp/trackback/3640
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH