<< 「るろうに剣心」関連 | main | ラピヨッシュ(La Pioche) >>

あさイチプレミアムトーク「土屋太鳳」

JUGEMテーマ:日本映画の女優
 
 「太鳳」という名前を辞書登録したわ!
 難しくって(笑)。

 今週金曜日は「プレミアムトーク総集編」という
 ことだったのだけど、土屋太鳳さんも生出演と
 いうことで、何だか勿体ないというか、せっかく
 ゲストが来ているのに「振り返りVTR」とか失礼
 なんちゃうん、という気もしたけど、まあ、太鳳
 ちゃんは来年「まれ」に出るからその時ゆっくり
 お話聴けるかと思い、それまでお預けですね。
 明日、月曜日のスタパにも出るようだし。

 「まれ」はタイトル的にも(いや、タイトル大事!
 変なタイトルの朝ドラはだいたい変なドラマ)、
 企画を一瞥したかんじでもあまりよくない匂い
 しかしなかったので、スルーするつもりでいた
 のですが、太鳳ちゃんかー、だったら一週は
 観ないとだよね、と思いまして。でもなんか癖
 のある痛いヒロインぽいんでしょお?ちょっと、
 夏菜ちゃんみたいな可哀想な目に遭わせるの
 やめてよね。終わってから「辛かった」なんて、
 言わせないようにしてあげてほしいよ。
 
 ともあれ、生放送で見る、何の役もついてない、
 素の土屋太鳳さんは、とても綺麗な人でした。
 可愛い、とか、美人、とかより「綺麗な子」という
 のが一番ぴったりくる。お肌も綺麗だし、真っ黒
 で真っ直ぐな髪も綺麗、声も綺麗だし、もちろん
 顔の造りも綺麗。

 それで見るからに、素直で真面目で一生懸命な
 方なんだな、という感じが、喋ってる様子からも
 伺えました。たまに読ませてもらってるブログの
 文章からもそれは感じるけど。こういう女の子、
 ほんとにいるんだなーっていう、 なんか伝説に
 出でくる「少女」ってかんじ。能年さんとはまた別
 方向に、今風じゃないというか、古風な香りを感
 じます。

 あんなおしとやかで楚々としてるのに、あんなに
 足が上って、すごいアクションを披露するのよね。
 時期的に「るろうに剣心」の話も聞きたかったけど
 なあ。正直、きちんとゲストとしてもっとみっちりと
 トークが見たかった、聴きたかったです。

 振り返りVTRで、ももちゃんが朝市に告白する、
 名シーン(ほんと、この時の太鳳ちゃんの演技
 すごい!感情のこめ方も良かったけど何より、
 ドキドキして息遣いが荒く激しくなっている芝居
 がリアルでびっくりした)が流れましたがこの頃
 のももちゃん、てか太鳳ちゃん、顔パンパン!
 これは、後に「苦労して痩せてしまった」を出す
 ためにあえて、体重を増減させたの?この娘
 ならやりかねん、と思った。

 だいたい太鳳ちゃんて、出る作品ごとに顔が
 全然違うよね。て、そんなに多くのものを見て
 いるわけではないけど、「花子とアン」「るろう
 に剣心」「真夜中のパン屋さん(チラ見)」「黒
 の女教師」「おひさま」「龍馬伝」くらいだけど、
 「おひさま」と「龍馬伝」はちらっとであんまり
 意識もしてなかったら置いといて、他ぜんぶ、
 同じ人に見えなかった。

 可愛いよりは美人タイプで顔立ち大人っぽく
 て、私の好みからするとももちゃんよりかよ
 ちゃんなんだけど(どうでもいい)、でも将来
 が楽しみすぎる女優さんだと思います。

 これからきっと、ますます大きな役、大きな
 作品に選ばれていくんだと思うけども、今の
 純真で清潔な雰囲気を失わずにいてほしい
 と願います。応援してます。

 あ、あと「花子とアン」ではかよちゃん(黒木
 華)と醍醐さん(高梨臨)の中の人を、絶賛
 応援中。

 黒木華ちゃんはもともと好きなタイプだから。
 女性だと、こういうほわっとした顔立ちが好き
 なんです。蒼井優ちゃんとかAKBの柏木さん
 とか。この三人、ちょっとずつ似てない?

 高梨臨さんは醍醐さんの役で好きになったん
 ですけど(だって色々不憫で…)スタパに出演
 されてるの見たら、まああ、なんて美しいこと。
 輝くばかりの美しさ。「花子とアン」て、その役
 から抜けた姿見ると「なんて綺麗なの」って思
 うパターン多いから良いんだか悪いんだか。
 高梨さんにもこれから注目してゆきたいです。
夏生(なつを) * 女優 * 07:15 * comments(10) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 07:15 * - * -

コメント

私もこの回のあさイチ見ましたー!
たおちゃん、良いですよね。

私も見たのは龍馬伝(この時は全く意識してなかった)と真夜中のパン屋さんくらいで。
でも真夜パンの彼女がとっても好きだったので、毎回録画して見ていました。

新月村の入り口で、剣心に少年のことを頼むって言われて口ぽかーんな表情だとか、蒼紫と翁の戦いを見て一瞬心が失われてしまったかのような表情とき見たとき、ああ、この子すごいなて思いました。

単なる喜怒哀楽ではなくて、圧倒された、自分の理解の範疇を越えたものにねじ伏せられた、そんなときの表情って、想像だけでは表現できない気がして。
たおちゃんの持っている健やかな感受性がとてもよく表れたシーンに思えました。

私も来年の朝ドラ、彼女なら見てみようかなと思っています。

そして私もかよちゃんがダントツ好きです。^ ^
ちなみに花子の相手役を知ったとき、私は「えええ!まさか大門が!?」って思いました。(笑)
私が知ったのが、メイちゃんを見たばかりのタイミングだったので。(笑)(笑)
Comment by かけい @ 2014/08/31 9:28 AM
太鳳ちゃんのあさイチ、私も録画して観ました。
るろ剣での操ちゃんのかわいさかっこよさに打ち抜かれ、
ガーナCMでまさかの羽生さんと共演、ブログにそのことが書かれてあると知り彼女のブログを読みに行ってからは、その人柄も好きになってしまいました。
本当に真っ直ぐで、透き通ったまなざしで物事を受け止めてらっしゃる方なのだなと思います。
太鳳ちゃん、これからも応援してます!

それで、るろ剣、観ました!!最高でした。
ほんと、私も夏生さんと同じく、アクションは全然興味ない派のはずなのですが、この映画のアクションシーンはなぜこうも心を揺さぶられるのか・・・
ずっと観ていたい気持ちになってしまうのが不思議でなりません。
私は剣心VS宗ちゃんの図が一番心躍りました。絵的に(笑)
あと、なぜこの映画がこんなに自分のツボにハマるのか考えていたのですが、「龍馬伝」の時もそうだったんですけど、私、大友監督の映像がすごく好みなのだと思います。
大友監督の映像って、情報量が多い、密度が濃い印象があるので。
セットや小道具ひとつひとつをとっても、登場人物の嗜好や歴史を感じられるし、垢や汚れにもそこで生きてる人たちのリアリティがあるように感じられて。黄ばんだ画面からは、空気中の塵や砂埃、においまで漂ってきそうに思います。
群衆のシーンなんて本当に・・・私、あんなに観ていてワクワクする群衆の映像、大友監督でしか観たことがありません。
そうした画面の密度が、色々細かい突っ込みどころのある(笑)ストーリーや演出をものすごい説得力で支えてるから、登場人物全員がちゃんと「生きてた」興奮を味わえたのかなと。
自分が幼いころ好きだった漫画のキャラクターが、3次元にいて、それぞれ歴史があって、あの時代に確かに生きていたんだ、と感じられる喜びをひしひしと噛みしめていました。
自分の「漫画原作の実写化に求めること」が、大友監督の映像では圧倒的に満たされているので、こんなにも観ていて幸せなのかなと思います。
で、その世界観の真ん中にいるのが健くん演じる剣心というのが本当にもう、この作品の奇跡で幸福なのだなとしみじみ感じました。
剣心は健くん以外絶対にありえないです。今回の映画でも、ただただ美しくて、鋭くて、かわいい、大好きな剣心でした。

ってなんだかコメント欄でガチ語りをしてしまってすみません(´∀`;)
でもほんとに最高でした!!
後編も楽しみです。
Comment by olive @ 2014/09/01 12:45 AM
(コメント長すぎたので2つに分けました・・・
変な切れ方をしていたら申し訳ないです)

それと、今激売れ中らしい(笑)羽生さんのDVDもようやく観ましたよ。こちらも本当に良かったです。
装丁のやる気のなさに勝手にガッカリして、どうせ内容も「とりあえず金メダリストの過去の演技集めてみました」程度なんでしょ〜と鼻ホジしていた自分を叩きのめしたいくらいです。私が間違っていました。
素晴らしく丁寧に作られた、作り手の愛情を感じられる、ひとつの作品でした。
感想としましては、アマゾンレビュー等で絶賛されてるのと同じく「上質なドキュメンタリー」だなと思ったのですが、ニワカファンとしても観たことない映像がいろいろあったり、非常にありがたい内容でした。羽生さんのアスリート魂は幼少期から揺るがないのだなと感慨深かったです。
なんだか全然参考にならない感想ですみません。良かったですよとだけ☆

ではでは、本当に長々と失礼しました。長過ぎて自分で引きましたorz
Comment by olive @ 2014/09/01 12:50 AM
☆かけいさん

いいですよね、いいですよね、たおちゃん。
スタジオパークも録画して見たんですけど、
いい子すぎて、ちょっと心配になるくらい
で。でも才能にあふれ真面目で努力家って
ちょっとずるすぎる(笑)。

>真夜中のパン屋さんくらいで。

実家に帰ってる時に1〜2回観た程度なんです
けど、わりとシャープな印象の、とにかく、
ももちゃんとも操ちゃんとも別人でした。
彼女に興味を持たなかったとしたら永遠に
別々の人だと思っていた気がします。

>健やかな感受性

ああ、まさにそういう感じですね。
「健やかな」というのがぴったりくるなあと
思います。

>私も来年の朝ドラ、

面白いといいんですけど…
私の嗅覚は「危険」を告げてるんですよね(笑)。
いや、見てみないとわからないですもんね。
とりあえず、1〜2週は見てみようと思ってます。

>そして私もかよちゃんがダントツ好きです。^ ^

あっ、女子の好みも合う(笑)〜

>メイちゃんを見たばかりのタイミングだったので。

そうか、メイちゃんに出ているのか…言われてみれば
ああいう顔した人いたかも、吉田里琴ちゃんを常に肩
乗せてるイメージがふっと浮かびました、あの人か!
メイちゃん、関西では再放送してたみたいですけど、
こっちでもやってくれたら見てみようかなとも思って
はいるんですが、借りてまで、という気力は出なくて。
Comment by 夏生 @ 2014/09/02 8:16 PM
☆oliveさん

わー!るろ剣の感想、いっぱい書いてくださって
ありがとうございます!!
あと羽生くんのDVDについても、教えていただけて
嬉しいです。
でも、oliveさんのブログじゃなくてこっちに書い
ちゃって勿体ないような気もします。
PCとはその後、仲良くできてますか?
記憶をなくされちゃうと、最初はショックだけど、
だんだんその子との関係にも慣れていくものだと
思います。でもショックはショックですけどねー

羽生さんとの共演を記事で読み、そのあと私もブログ
記事の方を読みました。ね、なんか「天使か?」って
かんじのお人柄ですよね。自分の意見もしっかり持ち
自分の言葉で書かれてるのがいいなあと。だいたい、
あんな忙しそうなのにあんな長文ブログ書いてるって
それだけでも奇特ではないかと。

>それで、るろ剣、観ました!!最高でした。

あ、あ、ありがとうございます!
関係者でもないのについお礼を言いたくなってしまう
ファンという名の厚かましい生き物ですみません。
oliveさんの感想が読めて嬉しい。

>アクションは全然興味ない派のはずなのですが、
>この映画のアクションシーンはなぜこうも心を
>揺さぶられるのか・・・
>ずっと観ていたい気持ちになってしまうのが
>不思議でなりません。

なぜなんでしょう。不思議ですよね。
どうしてなのか知りたい、自分でもよくわからない
です。初めて前作を観た時からそうでした。
アクションを観てるのが楽しくて心が躍るって
感覚、今まで映画を観てきて初めてで戸惑いました。

>私は剣心VS宗ちゃんの図が一番心躍りました。
>絵的に(笑)

なるほど、わかります(笑)。
そういえば職場の羽生くんファンのお友達が今作
を観て、宗ちゃんにハマったって言ってました。

>大友監督の映像って、情報量が多い、
>密度が濃い印象があるので。

ほんとにそれはそう思います。
特に今作「京都大火」では濃すぎて最初うまく
呑み下せなかったです。

>セットや小道具ひとつひとつをとっても、
>登場人物の嗜好や歴史を感じられるし、
>垢や汚れにもそこで生きてる人たちの
>リアリティがあるように感じられて。
>黄ばんだ画面からは、空気中の塵や砂埃、
>においまで漂ってきそうに思います。

小道具への目線とかそこから何をどれだけ
受け取るかとか、匂いを感じることとか、は
oliveさんならではの感性の鋭さとの相互作用
だと思いますし、大友監督の絵づくりとの相性
の良さとかもあるんだろうな、と思います。

>群衆のシーン

ふーーーー、そこ、そこねえ
ほんと確かに、すごかったですね。
ため息がでました。
最初観た時とにかくずーんと圧倒されて、でも
心の汚い私は、同時に「チャリーンチャリーン」
じゃないけど、どんだけお金かかってる映画なの
か、ともふっと思ってしまいました。ダメ!たお
ちゃんの澄んだ瞳を見習わなければ。

>色々細かい突っ込みどころのある(笑)

確かに突っ込みどころとか脚本の精密度の甘さ
とかいろいろあるとは思うんですけど、それの
上を行く映像の力があるので…もちろん脚本的
なことが一番気になる方は気になるでしょうけど
私は絵の力技に打倒された感があって、これは
これで満足です。

>自分が幼いころ好きだった漫画のキャラクターが、
>3次元にいて、それぞれ歴史があって、あの時代
>に確かに生きていたんだ、と感じられる喜びを
>ひしひしと噛みしめていました。

これは原作を読んでいた(あるいはアニメを観て
いた)方ならではの喜びですよね。もちろんそう
でない人もいると思いますが、そのように感じる
ことができた、というのは幸福な体験だと思います。

>世界観の真ん中にいるのが健くん演じる剣心と
>いうのが本当にもう、この作品の奇跡で幸福
>なのだなとしみじみ感じました。
>剣心は健くん以外絶対にありえないです。
>今回の映画でも、ただただ美しくて、鋭くて、
>かわいい、大好きな剣心でした。

で・す・よ・ね!!
一字一句同意!同意!
おんなじ気持ちです!!
Comment by 夏生 @ 2014/09/02 8:56 PM
☆oliveさん

お返事「羽生さんDVD」編(笑)。
分けてくださってありがとうございます。
全然引かないです!それにコメントが二つに
分かれるのoliveさんが初めてではないし(笑)。

>それと、今激売れ中らしい(笑)

記録的な売れ方みたいですね。
羽生くんは若くして記録を作りまくってる
「記録魔」ですね!!

>素晴らしく丁寧に作られた、作り手の愛情を
>感じられる、ひとつの作品でした。

おおう!そっかー、そう言われれると観たくなります。

>羽生さんのアスリート魂は幼少期から
>揺るがないのだなと感慨深かったです。

まだちっちゃい頃の記憶もなんとなく頭の隅には
残っているんですよね、なにぶん、私は「女子専」
でちゃんとは観てきていないんですけど。どういう
背景とどういう道が、今の彼をここに連れてきている
のか、という点が知りたいとこだし、パーソナリティ的
にも、あの一筋縄でいかなさそうないかにも「気ぃ強い」
のが隠せてないあの感じとか(笑)かなり興味深いです。
今シーズン、羽生くんのプロも小塚くんのもすごく良い
と聞いてるので(まだ全然見れてないんですが)楽しみ
です。
Comment by 夏生 @ 2014/09/02 9:07 PM
夏生さん、初めまして。V6ファンで、以前からブログ拝見させて頂いていたのですが、コメントは初めてします。
まさか夏生さんのブログでたおちゃんの記事を見ると思わなくて、思わず・・・・。そういえば、今、たけるくんと共演中だったんですね!と合点がいきました。

実は私は今、V6以上にファンをしている声優さんがいまして、その人がたおちゃんのブログにも良く出ているので、嬉しくなってしまいました。その声優さんは宮野真守くんといいます。たおちゃんは彼のファンクラブに入ってくれていて、イベントやコンサートにも来てくれて、すごく丁寧な感想をブログに書いてくれているんですよ。(今年の5月12日や2013年12月26日の記事です。良かったら読んでみて下さいませ)
とても言葉を丁寧に扱う女優さんでステキだな〜って思っていたので、あさイチでもそういう面が出ていたのはなんだかとっても嬉しいです。


るろうに剣心京都大火編も観に行きました。とても面白かったです。1回しか観ていないので、夏生さんの感想を読んで、細かい部分をもうちょっと観ておけば良かった!と思ったりしています。私はなかなか感想を言葉に表すのが巧く出来ないので、夏生さんの言葉の選び方とか表現がとても好きです。
伝説の最期編も観に行くつもりにしていますが、映画も楽しみですが夏生さんの感想も映画を観終わった後に読むのを楽しみにしています!

初めてのコメントなのに長々と失礼致しました。

Comment by ituki @ 2014/09/02 11:13 PM
☆itukiさん

初めまして、こんにちは。
コメントありがとうございます。
V6のファンでいらっしゃるんですね。
最近、V6関連の記事少な目で申し訳ないの
ですが…(新曲の感想も書けてなくて)。

>その声優さんは宮野真守くんといいます。

お名前は目にしたことがあると思うのですが、
最近は、アニメを全然見ていなくて、今活躍
されている声優さんを、ほとんど知らなくて
すみません。たおちゃんが、ファンクラブに
入ってるくらいお好きな方なんですね。
ちょっとwikiってみたら(検索したら最初に
変顔が飛び込んできて驚きました笑)人気の
うたプリ(といってこれもポスターをよく見
るなー、くらいの認知度でしかなく)に出て
いらっしゃる方なんですね。
教えていただいたブログ記事も読んでみますね。

>とても言葉を丁寧に扱う女優さんで
>ステキだな〜って思っていたので、
>あさイチでもそういう面が出ていたのは
>なんだかとっても嬉しいです。

お話するのはあまり得意ではないと仰って
ました。確かに文章での方が気持ちを伝え
やすい方なんだろうな、とは思いましたが、
素直で誠実な人柄がお話をされてる様子からも
伺えました。

>るろうに剣心京都大火編も観に行きました。

おっ、そうなんですねー
お前が言うな、ですけど、ありがとうございます。
後編もよろしくお願いします(笑)。

>私はなかなか感想を言葉に表すのが
>巧く出来ないので、

itukiさんの文章、簡潔でお上手だと思います。
気が向いたら後編の感想などもお聞かせいただける
と嬉しいです。
Comment by 夏生 @ 2014/09/03 8:55 AM
コメント、ごぶたさしてました〜。

読む方は、ちゃんとお邪魔して、熱いたけるん愛に
汗かきながら、読ませて頂いてます(笑)

太凰ちゃんが記事になってたので、ちょっとだけ
お邪魔します。以前から気になってた女優さんで、
須賀健太くんの「釣りキチ三平」にも出てました。
素朴なゆり役に好感が持てました。
「鈴木先生」(長谷川博己さんの…)でも、難しそうな
役を、生き生きと演じていました。

「果てぬ村のミナ」という、静岡県西部(私の住まう
地域です!)の水窪町(ここはかなりの山奥ですが)
をロケ地とした映画(地域活性化プロジェクトとして制作)
にも出てらして、各地を回る上映会にも挨拶に来てくれた
みたいです。(私が観た日は、昼間の上映時に来てくれてた
そうで、めちゃくちゃ残念でした!)

その他、「黒の女教師」も「真夜中のパン屋さん」も、
春ドラの「今夜は心だけ抱いて」も見てました。もちろん
今の、花子とアンも欠かさず見てますし、来春の「まれ」
は楽しみです。

おとなしそうでいて、意志のつよい眼差しを持ち、可愛い
子だと思いました。
演技も、大げさでなく、かといって、単調でもなく、普通の
人の普通の演技が出来る子だとも思いました。
「今夜…」では母親と人格が入れ替わる役で、母親役の
田中美佐子さんが太凰ちゃんを絶賛していました。
17歳の役で、中身は47歳にならなければいけない…
田中さんから見ても、太凰ちゃんは、しっかり47歳に
見えた、と。実際、私が見ても外見は高校生なのに、
言動や動作、表情がちゃんとおばさんに見えていました。

夏生さんの目に留まったと言うことは、彼女はきっと、
この先どんどん高みにのぼっていくんだろうなぁ〜と、
うれしくなったので、つい…長々と、すみませんでした。


Comment by すなふきん @ 2014/09/04 12:37 PM
☆すなふきんさん

お久しぶりです。

>熱いたけるん愛に
>汗かきながら、読ませて頂いてます(笑)

えええ(汗)、すすすすみません><
いやっ、でも変な汗をかかせてしまうのも
悪いので、たけるくんの記事は無理に読まないで
いいんですよお!私、ほんとに自分の書きたいこと
を書きたいタイミングでしか書けないので、読んで
くださる方も、たまにふらっと立ち寄ってもらって
読みたいものがあればそれだけ拾い読みしていただけ
たらと、いつも常日頃思っているので。

>須賀健太くんの「釣りキチ三平」にも出てました。

そうなんですね。その映画見てないです。
滝田洋二郎監督でしたよね。

>「鈴木先生」(長谷川博己さんの…)

これもねえ、さんざんオススメされつつ、自分も
長谷川さん好きなので見たいと思いつつ、まだ、
見れてないリストに入ってるものです。

>「果てぬ村のミナ」

この作品は、失礼ながらまったく知らなかったです。
検索して公式サイトとかのぞいてみたら観てみたく
なりました。レンタル店をさがしてみようかな。

「今夜は心だけ抱いて」は、また入れ替わりモノ
かーって、思ってたんですけど、でも太鳳ちゃん
と美佐子さんなら確かに興味深いかも。そのうち
地上波で再放送するかしら。

>夏生さんの目に留まったと言うことは、
>彼女はきっと、この先どんどん高みにのぼっ
>ていくんだろうなぁ〜と、うれしくなったので、

えええ、またまた、まるで私に「見る目がある」
みたいな(笑)。でもわりと女優さんに関して
は少しだけ鼻が利くとこはあるのかなあ。男子
は全然わからないですけど。
Comment by 夏生 @ 2014/09/04 6:27 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ