<< たけるくん色々 | main | めくるちゃん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
猫と青年と「風」
JUGEMテーマ:好きな俳優
 
 たけるさんのスタッフレポート更新。
 マメにアップしてくれてありがたいことです。
 台湾でのお写真、やはり何と言ってもこれこれ
 猫とたけるさんとの親和性ときたら。
 ていうかこの写真、どっちがたけるでどっちが猫?
 右?左?そっくりでわかんない。
 あと右端で見切れてる頭がちょこっとだけ出てる
 子がかわいそかわいー。関係ないけど猫のこと
 「ぬこ」っていうの、あまり好きじゃないです。

 そうそう昨日の記事に近所のシネコンで14日まで
 延長になってたと書いたけど今日見たら21日まで
 になってた。あともう一回観れるかも…。明日で終了
 なら、ちょうどTOHOシネマズデーだしバレンタイン
 デーだし(関係ねえけど)観に行っちゃおうかな、とか
 思ってて、でもなんか雪降るみたいだし時間も難しい
 か、と諦めかけていたんですが、決めた、来週行く。
 水曜日ちょうどお友達とランチするからその後で行く。
 そんで本当にさよならしてくるよ。そろろそ他の映画も
 観たいしね。でも本命の子の映画が劇場でかかって
 るとどうしても何を置いても観とかなきゃっていう強迫
 観念にかられてしまって。
 
 そして今さらですが3冊目、最終巻の「6 1/2」のこと。
 タイトルが「風」。

 「さくらんぼ」「ロックバラード」「風」と三冊ともセンスを
 感じさせるいいタイトルでした。私的には「さくらんぼ」
 が秀逸。なぜならこの世で一番好きな食べ物だから。
 口に入れるもので一番好きなものの名前が目に入れ
 るもので一番好きな男の子の写真集につけられてる
 という素敵なディスティニー(笑)。

 「風」の撮り下ろし部分は長い髪をさらっと下ろした形
 で、タイトル通り風にそよがれてみたり、芝生に寝転ん
 でみたり、水面から反射する光を集めるようにしてそこ
 にいたり。

 全体的にエロティシズムを感じさせる写真が多い
 「さくらんぼ」、ラフな姿でのお散歩ドキュメント的
 な「ロックバラード」、風景に溶け込むような写真
 を集めた「風」と、それぞれコンセプトやテーマが
 異なっていて、面白いです。

 撮り下ろし部分ももちろん素敵なんですが、私が
 この本で注目したのは、TVガイド本誌に掲載され
 た連載の写真の方。ここに来てやっと、はい、これ
 見ました、買いました、というのが出て来るわけで
 すが47ページから80ページまでを順番にめくって
 いくと、この人の身体が、外見が、いかに演じてる
 役柄に影響されやすいか、憑依されやすいか、と
 いうことに震撼させられます。

 47ページの写真はさあ、これ、ちゃんとたけるくん
 でしょ。次のページでいきなり髪も眉毛も真っ黒に
 なるけど、全然たけるくん。髪は黒いけど軽やか。
 けど次の52ページになると様子が変わってくる。
 なんか、重い。そして輪郭と、目の輝きというか、
 目ヂカラみたいなものが変化している。撮り下ろし
 の部分は飛ばしてめくって62〜63ページ、これ
 はバラエティ番組で京都ロケですよね、だからか
 若干たけるくんが戻ってます。さあ、問題は次の
 見開き2ページですよ。64〜65ページ。これは
 完全に、「とんび」の旭ですよね。旭しか写って
 ないですよね。たけるくん、どこにもいないよ。
 いくら撮影の合間に撮った写真だからといって。

 特に65ページ上の写真なんかひどい。こんなに
 ぎこちない笑顔で写真に写ってることたけるくん
 に限ってないじゃん。他のどのページめくっても
 こんなギクシャクした表情の写真ないよ。何?
 素人なの?ってかんじよ。たけるくんこんな写真
 うつり悪くないし、こんな下手じゃないよ!って
 言いたい。白状すると私、このあたりの時期が
 ファンになってから一番テンション下がってた。
 だって写真が良くないんだもん!写真命なんだ
 もん!このTVガイドの写真に限ったことじゃなく
 他の媒体のもこんな感じだったんだもん!

 しかし、次のページをめくってみると(66ページ)、
 あら、たけるくん!たけるくん身体にご帰還です。
 これは前のページの人とは明らかに別人です。
 輪郭と表情と目が違う。今でも覚えてる、私、この
 週のTVガイド見て、超嬉しかったこと。「お帰り、
 たけるくん!!」って思ったこと。さらにめくって
 70ページ、ここでまた新たな人格が登場です。
 小笠原秋です。ここから何ページかは基本、秋。
 でも秋は旭のような非モテキャラと違うので写真
 写りも良好。何の問題もありません。77〜78P
 は普通にたけるくんぽいですが。そして80〜81
 ページは紛れもなく剣心です。髪と眉の色がまた
 変わってるけど、ていうか、目が剣心。

 長々書きましたが何が言いたいかというと役憑き
 のたけるくんは身体をのっとられすぎててこわい、
 ということです。今はいい役ばかりだからいいけど
 悪役を演じる時注意してほしいです。

 箭内さんも64ページの写真見て「こういうとき
 って、家に帰ってもそのモードっていうか、こう
 いう感じの顔なの?」って聞いてるじゃないで
 すか。それに対してたけるくんは「わからない。
 〜完全にこうではないけど、ちょっとは影響され
 てるかな」って、やぱしあまり自覚ないよね…
 全然「ちょっと」じゃないと思う。

 ところでたけるくんに全く興味ないお友達にこの
 本を見せてて(←迷惑)気づいたというか、実は
 だいぶ前から感じてたことでもあるんだけど、
 たけるくん、森田剛くんと、ちょっと似たとこある
 かも…いや!顔が似てるとかではなくて、写真
 の撮られ方?表現の仕方?目つき?うまく言え
 ないけど何かが。あと黒子が多いとこも(笑)。
| 佐藤健 | 22:53 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:53 | - | - | pookmark |
コメント
こんばんはです

確かに、「旭」の時は表情のきらきら感が抑えられてますよね(笑)

旭と違うって言われて
「こんな顔やもん…」て困っていたみたいだし(笑)

苦心の末?

でも、ろっかので言うと44ページ〜47ページの辺りが私は心配だったので

一生懸命役作り頑張ってるなって安心してました(^-^)

きらきら感が抑えられていたからか、
ちょっと絵に描いてみようと
たけるくんで初めて思ったのは「旭」のたけるくんでありましたヨ

でも夏生さんが、殺す気かてつぶやいてた場面の辺りなんで(笑)少しきらめいていた顔かも(笑)



森田さんに写り方似てるんですね?…今度から注目します!
以蔵さんつながりとしか認識がない私で失礼しました。

ふと思ったのですがコメントって普通こんな長いの迷惑…なのかな?

なんなら切っといてくださいね(;^_^A
| somali | 2014/02/15 8:01 PM |
☆somaliさん

>確かに、「旭」の時は表情のきらきら
>感が抑えられてますよね(笑)

そうなんです!あの「きらきら」感が写真に
ほとんど写ってなくて。雑誌が出た当初も
そう思ってたんですが一冊の本にまとめられ
たのを改めて見ると改めて…こんなに短い
期間に顔って変わるもんだろうかとびっくり
します。

>でも、ろっかので言うと44ページ〜47ページ
>の辺りが私は心配だったので

仰ってること、なんとなくわかるので敢えて
触れないでおきます(笑)。確かに眉間の
あたりに険がある、感じがします…。

>きらきら感が抑えられていたからか、
>ちょっと絵に描いてみようと
> たけるくんで初めて思ったのは
>「旭」のたけるくんでありましたヨ

絵をお描きになるんですね。いいですね〜
羨ましい。絵の才能って自分には皆無なので
描いてみよう、みたいに思ったりはしないの
ですが、たけるくんの顔がいつもだいたい絵
に見えるというか、三次元よりは二次元に見え
ていて、旭の場合、その輪郭の線が太いなあと。
(前に記事に書いたような気もしますが)
なのでちょっと重く見えるんですよね。
秋とか剣心は線が細くて、ペンの種類が違うって
かんじです。

>殺す気かてつぶやいてた場面の辺りなんで(笑)
>少しきらめいていた顔かも(笑)

殺す気かって、どこで書いたかちょっと覚えて
いないんですけど(笑)たけるくんが演じてる
のでもちろん、まったくキラキラ感がなかった
ということはありえなくて、ただ普段よりも
それが薄く感じられた、ってことだと思うんです。
スキー場でのシーンとかきれいだったなあ
というのはなんか覚えています。

>森田さんに写り方似てるんですね?

写真の写り方っていうのか、写真での表現の仕方
というのか、うまく言い表せないのですが、単に
写真うつりがいいってことだけじゃなく、被写体
としての世界観をきっちり作ってきた上でそれが
撮影側のこう撮りたいっていうのとも融合されて
一つの作品になってるかんじがする、という勝手
な思い込みかもですが。

>…今度から注目します!

ありがとうございます。
舞台雑誌などに載ることが多いので書店
で見かけたらちょっと見てみてください。

>コメントって普通こんな長いの迷惑…なのかな?

そんなことないですよー!
ただサーバー側で文字数制限があるみたいで(でも
何文字かは把握してないんです、すみません)それ
を超えるとそれ以降は勝手に切られちゃうみたい
なんですけど。私も何度かお返事が長すぎて切れ
てしまったり、二つに分けて投稿したりしたことも
あるので。私個人としては長くても全然OKです。
長文を読むの好きなので(笑)。
| 夏生 | 2014/02/15 9:43 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovesummer108.jugem.jp/trackback/3017
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH