<< 男の色気について | main | ダバインディア >>

Cut

JUGEMテーマ:日本映画の女優
 
 この表紙の顔、特に男っぽい…。

 中のグラビアはアキちゃんぽく笑ってるのもあれば
 こっちを見ているリスみたいなのもあれば神秘性を
 感じられるものもあれば繊細な雰囲気が出てるのも
 あり、で表情に変化があって楽しい、いい写真です。

 とりあえず今は、能年さんが載っている雑誌ならば
 買います。本人の人となりをもう少し深く知りたいし、
 写真が欲しいから、手元に置きたいから。

 私は今現在2013年の能年玲奈が好き。
 この先どうなるのかはわからない。
 彼女自身変わっていくかもしれないし変わらないの
 かもしれない、好きだという私の気持ちも変わって
 いくかもしれないし変わらないのかもしれない。

 ただ現在、この時、好きだということは、自分と波長
 が合ってるということなので、その波長の合うものの
 写真とか、関係するものを買っておいて、後々損は
 ないのです。それは何年経っても波長が合ったこと
 は消えないから、変わらないから。好きな写真は、
 ずっと好き。写ってる人を好きじゃなくなったとしても。

 それは以前好きだった西川くんでも証明されていて、
 昔の好きだったころの写真は今見ても楽しいし美しい
 なと思えるんです。だから昔買った雑誌等を処分する
 気にはなれません。だってそこには好きだったころの
 その人がいて、その人とは今も波長が合ってるので、
 見てて気持ちいいから。

 岡田くんも最近の雑誌を彼の写真目当てで買うこと
 はもうないけど昔の写真は今でもたまに見てうっとり
 します。本当に綺麗な生き物だなと思うので、薔薇や
 猫を見て嫌な気持ちになることがないように、その頃
 の彼の写真を見て嫌な気持ちになることはないです。
 あの頃は良かったとかあの頃に戻ってとかも現在は
 まったく思ってなくて、薔薇とか猫のように、2003〜
 06年くらいの岡田くんは私を気持ちよくさせる存在で
 しかない。だからこれまで集めた雑誌や写真を捨てる
 気はないです。
 
 現在、オンタイムで薔薇とか猫とかに見えるのは能年
 さんでありたけるくんだけど(浩市さんはもともとそういう
 存在ではない)未来にそう思わなくなる時も来るかもしれ
 ないけど、今そうだから、今の写真を必死に集める。
 それには私が思う私が好む「美」が写ってるから、未来の
 私が見ても楽しいに決まってるから。

 「変わらないで」とは思わないように、することにしました。
 変わらない、なんてものはないから。
 ただ、好きなものを好きでいられる、「変わらない」時期を
 大切にして、それを記念に残していく。「変わる」ことで、
 自分の気持ちが変わるならそれを受け入れ、変わらない
 ならそれも受け入れ、とにかく、好きでいるという中心の
 気持ちを大切にして、それが憂いに変わらないように、
 変化するということを厭わないように、持ち続けたり手放し
 たりという選択はなるべく敏速に、を心がけようと思って。 

 しかし最近なんとなく全体的にどんよりして元気が出な
 いのは、やはりあまロスなのかな…朝の、エネルギー
 チャージが足りない気がする。あさイチだけでは。
 朝食で身体のエネルギーを補給するように、あまちゃん
 とあさイチのコンボで精神のエネルギーをもらっていた
 この半年間だったなあと実感。なんだか4月から9月まで
 の日々が毎日輝いていたようにすら思う。羨ましい、半年
 前のわたし(似たようなことをカーネーションロスのときも
 考えていた)。毎日、新しいアキちゃんに会えた日々が
 恋しい。だけど続編を!とは思ってないの。新しい作品で
 役で、アキを忘れさせて欲しいと思ってるよー!!
夏生(なつを) * 女優 * 15:02 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 15:02 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ