<< ダウンタウンのポスター | main | Happy Birthday >>

男が惚れる、男たちの肖像

JUGEMテーマ:好きな俳優
 
 買っちゃったわ、ウフ。
 
 だって「男が惚れる、男たちの肖像」特集と称して、
 うちの浩市が、名だたる世界の名優とともに顔を
 連ねていらっしゃるんですもの。

 その内容のちら見せページがこちら。

 http://www.pen-online.jp/feature/5317/

 浩市、かっこええええええ。
 髭に、白いものが混じっておる。
 渋い、渋すぎる。

 とりあえず立ち読みでいっかなーと思ったんだけど
 書店で見たら、インタビューページもゆっくり読みたい
 かんじだったし、色んな男の人が「惚れた男」について
 語ってて面白そうだったから買ってしまいました。

 浩市さんインタビューはなかなか含蓄のある内容で
 色々語ってくれてるんだけど、最近はよく若手の人
 から「どうやったら生き残れますか」みたいなことを
 聞かれるそうで、曰く。
 
 「ちゃんとした芝居をやってれば生き残れる」
 「正直に言うと、これは絶対ものにしなくてはいけない
  という役があり、こに役をモノにできなかったらやめ
  ちまえっていう役はあるので、それが来た時にどういう
  対応ができるか」

 これ、なかなか怖い言葉だな、と。

 亡くなった原田芳雄さんへの愛情や、三國さんについて
 も少し語られていて、繰り返し何度も読みたい。

 
 そんな浩市さん、今度スイーツのCMをやるんだそうで。

 「51歳で初、実は隠れ甘党(スポニチアネックス)」

 スイーツダンディ…ぷ(笑)。
 でもこれ、おいしそう、食べてみたい。
夏生(なつを) * 佐藤浩市 * 08:17 * comments(4) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 08:17 * - * -

コメント

夏生さん、先日は「ブラックボード」の浩市さんのお写真へのリンクをありがとうございました^^

私、実は(もったいぶる必要は全くありませんが)、浩市さんの前髪を下した髪型が一番好きなんですよ〜。いつものかっちり分けた前髪が、上司風ビジネスマンモードだとすると、夫風在宅モードというか…何か、若々しくって素敵なんです。

まさに「ブラックボード」はストライクの髪型なんです(*^_^*)
もっとこういう髪型をしてほしいんですけどね〜〜。いつもの雰囲気もなかなかですが、もっと萌えます。


この雑誌に浩市さんが出ているのを知りませんでした。
以前、自分の記事で、浩市さんLOVEを叫んでいた時に、何件か男性の方から、こういうコメントをいただきました。「嫉妬するほどかっこいい」「同性から見てもかっこいい」


その時にも、浩市七不思議の水面下の人気ぶりにちょっと驚きました。

この雑誌の浩市さん、ちょっと三國さんの面影があって、渋くてかっこいいですね!!!51歳になっていましたか…。いぶし銀の貫録と魅力がさすが。感慨深いです。私の中の永遠の20代の憧れのお兄様ですから。


「浩市、かっこええええええ。」ここでご一緒に浩市愛を叫ばせてください♪
「ちゃんとした芝居をやってれば生き残れる」というのは、彼のここまでの長い道のりを彷彿とさせますね。「敦煌」の頃から注目の若手と言われて、その実力をすれば、きっといい俳優さんになるだろうと思わせる演技を続け、雑誌でこんなにりっぱなお話ができるようになって…彼の親でもないのに、誇らしさでいっぱいです。


もう、この際、TVインタビューで気のきいたことを言わなくってもいいとさえ思えます。それも彼のいいところでもあるように思えます。TV慣れしないシャイな領域が残ってもいい。
饒舌にしゃべりだしたら、どんな感じになるのか想像もつかない(笑)

浩市さんが山田孝之さんをいじっていたと、先日お聞きして軽く驚くやら(浩市さん、また一皮むけた?)、何か浩市さんと山田さんに同じ匂いを感じて変に納得するやら、いろいろな想いがしました。

スイーツの宣伝に出るというのも知らなかったので、びっくりです。新領域ですね!車やビール、育毛剤、リゲイン、競馬といった、どちらかというとおじさま向け専門だったのに。

スイーツの宣伝のOA時を狙ってTV前に座ってしまいそうです。よだれが出そう。スイーツにというより、彼に。(食い物じゃないけど)


馬上で槍を振り回すのも観てみたいし、スイーツ王子(もうそろそろスイーツオジイ?笑)も観てみたいし。馬上で槍を振り回して、馬上でスイーツの宣伝をいっぺんにしてほしいくらあい、両方見たい!!ついでに競馬の宣伝もいっぺんに出来そう。彼なら(萌)今流行りの、コラボCMってことで。

もう浩市さんたら(妄想中・要放置)。

この雑誌、捜索してみます!貴重な情報と、ドキドキをありがとうございます!何歳か若返りそうな元気が出てきました(気のせいかもしれませんが)。

浩市さんのお話をしている間はとっても幸せだわ〜〜。


Comment by ミュウ @ 2012/11/18 11:23 PM
☆ミュウさん

>「ブラックボード」の浩市さんの
>お写真へのリンクをありがとうございました^^

あ、気に入っていただけたようで良かったです♪

>前髪を下した髪型が一番好きなんですよ〜。

わかります〜、トレードマークみたいになってる
七三分けより、前髪をちょっとぼさぼさっと
下ろしてるかんじの方が私も好きです。

>男性の方から、こういうコメントをいただきました。
>「嫉妬するほどかっこいい」
>「同性から見てもかっこいい」

ほうほう。わりと男の人からも評価
高いんですね〜。嬉しいです。

>この雑誌の浩市さん、ちょっと三國さんの
>面影があって、渋くてかっこいいですね!!!

実は、記事には書かなかったけど「oggi」という
女性誌にも浩市さんが載っていて、その写真が
ぞっとするくらい三國さんそっくりです。
ちょっと引いたくらい(笑)そっくりでした。
書店で見かけたらこちらもちらっと覗いて
みてください。

>「敦煌」の頃から注目の若手と言われて

そう言われている若手がすべて生き残れる
わけではないし、また二世と言われる芸能人が
すべて一線で活躍しているわけではないので、
こうやって今の位置を獲得している浩市さん
はやはり実力も運もありつつ努力も重ねて
きたんだろうなあと思います。

>雑誌でこんなにりっぱな
>お話ができるようになって…

その感覚、わかる(笑)!!
私も浩市さんより若輩者なのにもかかわらず
つい「しっかり!」とか母親的目線で見ている
自分がいます。
だいたい常に「浩市」呼びなので(笑)。

>TV慣れしないシャイな領域が残ってもいい。

多分一生TV慣れしないと思う…五十路まで
来てしまったので、もう(笑)。

>饒舌にしゃべりだしたら、どんな感じに
>なるのか想像もつかない(笑)

あ、でもたまに急に早口に色んなことを
喋るモードになる時はありますよね。
それを饒舌というかどうかはともかく。
あとお酒飲んで喋るようなバラエティ
とか(グータンとか)だと同業者と
楽しそうに話しこんでいたりしますね。

>何か浩市さんと山田さんに同じ匂いを
>感じて変に納得するやら、

んー確かにアウトロー的な匂いは似て
いるのかもしれないですね。

>スイーツの宣伝

私もまだオンエアは観てないんですよー
早く観てみたい。

>この雑誌、捜索してみます!

11月15日に発売されたばかりの雑誌なので
書店にはまだあると思います。
コンビニで置いてあるお店も見かけました。
(カバーがかかっていたけど)
Comment by 夏生 @ 2012/11/19 11:41 AM
この雑誌を見つけたので、買って読みました^^
購入して読んでから、男性向け(しかもかなり裕福な人向け)雑誌だと気づきました。

ホント、いいお顔で写っていますね〜。

内容も、しっかりしていて、いい記事だなぁと思いました。


10年くらい前に、ある女性ファッション誌のコラムで読んだ記事を、つい思い出しました。
辛口を気取っていたのかわかりませんでしたが、明らかに浩市さんの映画をろくにみたことがない上に、何かの写真一枚を見ながら容姿について書いたような、薄っぺらな批評で、侮辱ともとれる内容で、不愉快だったために、まだ覚えていました。

きちんとした雑誌は、きちんとした記者が、きちんと記事をかくのだなぁとしみじみ思いましたよ。


写真の解説もしっかりチェックしました(読みこぼしがないように)。
いいお召し物で、それをそつなく着こなしているのがさすが。


何より、撮影場所が、彼が生まれ育った場所に近いのが、偶然なのか、気になりました(TVで、三谷さんとお互いの孤独なコドモ時代の自虐ネタを披露しながら歩いていた場所にも近そう)。

先日、ある個人的な会合で聞いた、彼の同級生の話と、この雑誌で浩市さんが語っている内容が一致していて、胸が痛みました。

親の都合で、家庭環境に偏見をもたれて、普通の子どもの生活を送れなかった上に、今のような恵まれたスタイルでもなかった孤独な子ども時代の彼の気持ちを考えてしまって、涙が出そうでした。

20代に、かなりの困ったちゃん(撮影現場や六本木で大変なやんちゃをしてましたね)を経て、今、落ち着いたところなんだなぁといろいろ考えました。一人でじっくり映画を観ていた彼の青春時代があっての今の彼があるんですね…。


同級生だった人が「彼(浩市さん)に会ったら、あなたのことをお伝えしますよ」って笑いながら言っていましたが、本当に彼に伝えてほしいですよ。「夏生さんや私みたいに年季の入ったファンがあなたを後押ししてますからね!」って。

何か、いつになく真面目に書いてしまいましたが、いい雑誌を紹介してくれてありがとうございました!感謝です!!
Comment by ミュウ @ 2012/11/20 11:53 PM
☆ミュウさん

雑誌、ご購入されたんですね。
男性誌ではありますが、なかなか読むところ
が多くて買ってよかったと思いました。

>ホント、いいお顔で写っていますね〜。

ですね。しっとりと落ち着いていい雰囲気ですね。

>薄っぺらな批評で

人前に立つ仕事をする以上、様々な人に様々な観点
から色々なことを言われるのは仕方のないこと、だと
私は思っています。それはそういう仕事の宿命みたい
なもので、良く言われることもあれば悪しざまに
言われることも両方あると思います。
自分が好きな人のことを、全員が評価してくれる
なんてことはありえないですし評価してない人は
表面的な見方しかしないだろうし、悪い部分しか
見えないだろうと思います。自分にも全く好きに
なれない人というのはいて、そういう人のことは
表面的にしか見ていないし、いい部分なんか見え
てこないし、それを改める気も全くありません。
なので逆のことをされても腹は立たないというか、
立てる権利はないと思っています。
ちゃんと見て、ちゃんとしたこ評価をしてくれたら
それはとても嬉しいですが、そうじゃないことだって
ある、わかってもらえないことだってある、という事
は受け入れているつもりです。勿論、愉快なことでは
ないですけどね。

>孤独な子ども時代の彼の気持ちを考えてしまって

そうですねえ。
でもこの時代があるからこそのあの眼差し、
あの佇まいなんだろうな、とも思います。
彼の瞳の中にある影のような、漆黒の闇の
ような、鋼色の炎のような、独特の趣きが
すごく好きなので。

>いい雑誌を紹介してくれて
>ありがとうございました!

お役に立てて良かったです!
Comment by 夏生 @ 2012/11/21 2:03 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ