<< ドラマ話 | main | フラゲ >>

原田知世さんと懐古

JUGEMテーマ:日本映画の女優

 金曜日のあさイチプレミアムトークに、原田知世さんが
 出ていたので食い入るように見てしまった。
 いやー知世ちゃんてなんでこんな、全然変わらないの?
 少女時代より、むしろ洗練されてきれい…。
 お肌も白くてつるつる。なのに「頑張ってます!」「年齢から
 抵抗しています!」みたいなかんじもしなくて。
 化粧も濃くないし。こんな44歳になりたい…
 (ハイビジョンで見るとまた違ったりするんだろうか?)

 角川映画全盛期の頃、私は薬師丸ひろ子派というか彼女
 の大ファンだったので、知世ちゃんもかわいいなとは思って
 たけどそれほど興味はなかったのです。
 当時ハマって読んでいたFというオタク雑誌(雑誌名は何か
 という質問にはお答えできません…)で知世ちゃんばかりが
 取り上げられて、ひろ子のひの字もなかった、ので若干ムカ
 ついていた、という記憶もあったりなかったり(笑)。
 いや、単純に編集部とか、その雑誌の読者層が「知世=聖女」
 だったんだと思うんだけど、まだ子どもだったのでそういう大人
 世界が理解できていなくて「なぜひろ子ちゃんは雑誌に載せて
 くれないの?!」と理不尽に思っていたのでした。

 その薬師丸ひろ子さんは今、あのーお芝居は若い頃よりももっと
 お上手になられて味のある、母親役も似合ういい女優さんになら
 れてるとは思うんですがそのー「若い頃と全然変わってないね!」
 というのとはちょっと違うかなーと。
 (あ、でもひろ子さんは今でももちろん好きですが)

 高柳良一さんが出てこられたのもビックリでした。
 この方も「全然変わってない!」とかいうのとは違うけどいい感じ
 の中年男性になっていて俳優さんの頃より素敵かも。
 私の中では「時かけ」の相手役というよりは「ねらわれた学園」の
 薬師丸ひろ子さんの相手役のイメージが強い。
 妙に目が吊り上った男の人だなあという印象でお芝居もあんまり
 うまくなかったような(確かこの作品がデビューでしたよね)。
 その後角川出版の編集さんになられたというのはよしもとばなな
 のエッセイなどを読んで知っていたのですが、今はニッポン放送
 にいらっしゃるののか。

 「ねらわれた学園」は映画館で弟と二人で観ました。
 その映画を観に行ったというよりは同時上映のジャニーズ映画
 「ブルージーンズメモリー」を観るのに付き合わされたのです。
 弟が映画館でひとりで観るのはまだ無理だからといって。
 うちの弟、なんかちっちゃい頃なぜかマッチ、近藤真彦の大ファン
 でシングルレコードが出れば全部買ってもらってまして。
 特撮ヒーローみたいなノリだったのかな?私も同じくらいの年に
 ピンクレディに夢中でレコード全部買ってもらってたから人のこと
 は言えないんですが。
 とにかく、にジャニーズに先にハマったのは弟ってことで。

 「ねらわれた学園」。
 今観ると、大人になってから見ると、結構酷い映画なんですが(笑)。
 悪役の宇宙人の腹にでっかい眼がドーン!とか。
 特撮も今と違ってなんかちゃちくてガタガタだし。
 でもなんか、良かったんですよね。
 ひろ子ちゃんが家にいるときはなぜか着物姿でいるのとか、夕陽の
 色の悲しいかじの赤色とか、文化祭のシーンで生徒たちがいきなり
 踊りだすのとか今でも強烈に印象に残っています。
 でもとにかく「薬師丸ひろ子」という人の存在感、美しさに一目ぼれ
 しまして。あれは恋だったなあ。
 それから薬師丸ひろ子さんが出てる映画、「Wの悲劇」くらいまでは
 必ず観に行ってました。

 原田知世さんの話がいつのまにか薬師丸さんの話に。
 まあ脱線するのはいつものことってことで。
 「探偵物語」と同時上映だった「時をかける少女」ももちろん見てるの
 ですが、あさイチでも話題になってた「斬新なエンディング」には笑い
 ころげました。

 ところであさイチといえば、今年に入ってからアッキー
 のコーナー「産直ニッポン」が一度もなくて心配だ。
 終わったの?しばらくお休みしますとか言ってた?
 同じくしばらく出てない西やんと手に手をとって逃亡とか
 ないよね?
夏生(なつを) * 女優 * 10:28 * comments(4) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 10:28 * - * -

コメント

夏生さん、こんにちは〜!

ドラマ話のコメに丁寧なレス、ありがとうございました。

映画は、興味を持った作品はオカルトを除いて
ジャンルを問わず見ますね。
ここ3〜4年、一年に20本以上は劇場で見ますし
劇場に足を運ぶほどではない興味のランクが低いものは
義姉がWOWOWに入っているので、そこで放送してくれた
時にいっしょに見てます。
クローズ兇覆鵑は、義姉が小栗旬くんのファンなので
劇場で見ました。


あさイチのアッキーの産直ニッポンは16日月曜日から
再開しますよ。年始の特別編成のため、お休みしていた
だけのようです。ご安心ください。
Comment by すなふきん @ 2012/01/15 2:56 PM
こんばんは。

この日のあさイチ見たかったわ〜。

私、知世派です!!(笑)
斬新なエンディング、好きだけどな〜(笑)
下駄も、履きたいって思ったもん(笑)

あ、前回のコメの初日っていうのは、仕事初めの意味でした。

でも、堤真一の舞台初日を知っててくれてありがとう!!感激でした!!

新年会、ぜひとも!!
1月はちょっと忙しいので、2月になってしまうけど(^-^;

では〜。
Comment by やのみに @ 2012/01/16 10:07 PM
今日はお天気が良いので少し暖かですね。
昨日の朝は干した薄手のタオルが凍ってしまいました。お日様の
ありがたさを実感します。

原田知世さんのプレミアムトーク途切れ途切れに見ました。
透き通る様なお肌と清純さが印象的でした。
あんな40代がいるんですね。

『とんび』堤さん目当てに見ました。
前半はボロボロ泣きながら見てしまいました。後半は旭役の
俳優さんが好きで期待していたのですが、前半で期待値上げ過ぎて
しまったせいか、あまり入り込めなかった気が。
堤さんがお爺ちゃん役だなんてショック!!

『カーネーション』
綾野剛さんって、SPの時のスニッカー食べてた人ですよね。
あんな風に優しく笑うなんて素敵。
先週までは、カミコンしか思い浮かばない水玉が溢れていましたが、
今週から無くて少し寂しいかも。
15分しかないのに、物語に入り込めて毎回次の日も見たくなる様に
終わらせる作り方が凄いですよね。
Comment by Coco @ 2012/01/17 11:13 AM
☆すなふきんさん

>一年に20本以上は劇場で見ますし

すごーい!!
私なんか最近全然だなあ。
観たいジャンルもどんどん狭まって
いる気がするし(苦笑)。

>産直ニッポンは16日月曜日から
>再開しますよ。

ありがとうございます。
仰るとおりでした。
西やんも復活して通常放送に戻った
かんじで安心しました〜

☆やのみにさん

>この日のあさイチ見たかったわ〜。

録画はしてないんだよね…ごめーん。

>私、知世派です!!(笑)

うん…実は今は知世ちゃんの方により興味
があるよ…でも昔はだん!ぜん!ひろ子派
だったのー

>斬新なエンディング

私も、映画館でエンディングだけもいっかい
観たいと思ったくらい好きだったよ。
映画館でも爆笑が起こっていた、という記憶。
あと地震のシーンが印象に残ってる。
横向きでキスをするお人形がツーッと動いて、
みたいな演出だったと思うんだけど。

>堤真一の舞台初日を知っててくれてありがとう!!
>感激でした!!

そんな、どういたしまして(笑)。
一応なにげに情報はチェックしてるんですよ
これでも。
新年会の時に舞台と「とんび」の感想聞かせて。
あと大河は見て…ない?
やのみにさんも観たら好きそうと思ったんだけど。

☆Cocoさん

>昨日の朝は干した薄手のタオルが
>凍ってしまいました。お日様の

うわあ…。そんなに。
でも確かに昨日は寒かった上に日差しが
なかったですものね。

>あんな40代がいるんですね。

「きれい」を保ってる芸能人はいっぱい
いると思うんですけど知世さんみたいに
ナチュラルに年をとらない人ってそんなに
いないからすごいなーって。
人魚の肉…とか思ってしまいます(笑)。
そういう意味では健ちゃんにも人魚の肉疑惑
がつきまといますが。ポイントはあまり年齢
ということを意識しないことなのかなーって。

>『とんび』

悲しすぎる話とかじゃなくて良かったです。
確かに前編の方が泣かせるシーンが多かった
かも。「フレー!フレー!あ・き・ら!!」
のシーンは予告等で何度も観ちゃったせいか
それほどぐわっとも来なくて(それにああいう
シーンよく観るし…)むしろトイレにこもる
ダメ親父の可愛らしさに萌えました。

>後半は旭役の俳優さんが好きで期待して
>いたのですが

この子は子役の時から上手でしたよね。
どうも子役のイメージが強くてつい「子」
とか言ってしまうんですけど。
新選組!の続編で市村鉄之助を演じてた頃
なんてまるで女の子みたいだったけど、
すっかり青年という雰囲気になったなあと。

>堤さんがお爺ちゃん役だなんてショック!!

あれはなんかドラマ的には唐突でしたよね(笑)。
原作読んでたらそんなことはないのかもしれない
ないけど…

>綾野剛さんって、SPの時のスニッカー
>食べてた人ですよね。

そうです。あの役、Motherの虐待男、セカンド・
バージンの鈴木京香の息子役、とキャラも外見
のスタイリングもわりと似通ってるかんじですぐ
同一人物とわかりましたけど、カーネーションの
周防龍一役は、同じ人に見えません。
あの昔の江口洋介みたいなヘアスタイルより
短めの方が絶対素敵。

>15分しかないのに、物語に入り込めて毎回
>次の日も見たくなる様に終わらせる作り方
>が凄いですよね。

間延びしたような無駄な所が全然ないですよね。
台詞的な台詞もほとんどないし。
昨日放送したようなドラマチックで泣ける回も
好きですが、今日放送したみたいな何気ない
日常を描いたネタ振り回も好きです。
平和な時間が流れる小原家や商店街を見てる
だけで楽しくて(とはいえ小原家は戦後もある
意味常に戦争…)。
人が怒ってたり怒鳴ってたりしてるのって
苦手なんだけど、糸子やお父ちゃんが怒ったり
怒鳴ったりしてるのを見ると笑ってしまうのは
なぜなんだろうと思います。
Comment by 夏生 @ 2012/01/17 3:18 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ