<< 秋葉原 | main | KID A >>

ハチミツとクローバー

櫻井翔,羽海野チカ,高田雅博,蒼井優,伊勢谷友介,加瀬亮,関めぐみ,中村獅童,西田尚美,堺雅人
角川エンタテインメント
(2007-01-12)
一言で言って、かわいかったです。
「キュンとはしますよね〜」というかんじ。
劇場で見た友人の間で決して評価は高くなかったので
(「見なくていいから!」と切り捨てた人もいた)
あまり期待しないで見たのも幸いしたのかもしれない。
一本の映画作品として決して成功しているとは言えない
気はしますが、怒りを覚えるような駄作とも思わなかった。

原作はとてもとても大好きな作品ですが、映画はまた別物
として悪くはないかなと。
私的なこの映画の見所としては何といっても
「蒼井優が演じる、はぐちゃん」。
この年代の女優さんでは今、蒼井優が一番好きだと
思うんですけど、彼女の可愛らしさを堪能するのには
最適な作品かと。
原作のはぐみちゃんとはちょっと違うテイストかもしれないです。
蒼井さん、あんなコロボックルとか言われるほど小さくないし。
けど「天才少女・永遠の子ども」という雰囲気を不自然じゃなく
演じているのはすごい。
こういうキャラクターって下手にやるとアイタタタタタっていうか。
難しい役だと思う。
漫画ではリアリティがあっても実写だとなかなか…。
見ていて気色悪かったり、わざとらしかったり、知的障害者を
演じてるんだろうかと思わせたり、したら失敗だと思うんだけど、
そのあたりを見事にクリアして、ちゃんとはぐちゃんだと思えた。
人との距離を取るのが極端に下手なんたなあ、でもものすごく
可憐だなあっていう。
一番不安だったのが、一番嫌だな…と思ってたのが伊勢谷友介の
森田さん。伊勢谷氏が嫌いなわけじゃないですよ。
特別好きなわけでもないけど。
ただ森田さんのイメージとは違うくない?
だって原作の森田さんて、私からすると、エレカシの宮本さん
にしか見えないんですよネ。
紙一重、とかいう段階を超えてるでしょ。
伊勢谷君みたいな、あんなシュッとした男前じゃなくてこう、
汚れをとってきれいにしたらまあカワイイ顔をしてない
こともないような…ってカンジじゃないですか。
めちゃめちゃ痛そうなとこにピアスしてるのも嫌だったし、
森田さんはピアスなんかしてないわ!
そう、ハチクロでは森田さんが一番好きなんです。
思い入れがあるんですよ。激Loveなんです。
だからね〜だから観に行きたくなかったというのもありました。
でも、見たら別にこれはこれでいいかなって。
似てないけど、私の「森田さん」じゃないけど「森田」なのかも
っていう。森田さんとは呼びたくないけど森田とは呼んでやろう、
みたいな。
櫻井君の竹本君は、普通にかわいかった。
優しくていい人だけどインパクト薄い主人公を爽やかに演じてました。

ハチクロ、という作品の素敵な所を短く一言でいうとやはり、
「キュン!」だと思うんですよね。
原作と違うエピソードが多かったけど、それ違うんじゃない?と
思うこともいくつかあったけど、だ〜れ〜る〜って時間帯もあった
けど、正直海でのアレはムカついたけど、でもちゃんと、いくつかの
「キュン」をもらえたからそれは良かったかなあって。

実家で母と見てたんですが「フラガール」を見てからすっかり
蒼井優ちゃんのファンになったらしく「かわいい、かわいい」
ってずっと言ってましたね(ちょっとうるさいぞ、ってくらいに)。
ほんと、かわいいですヨ。
蒼井優ファンは必見です。原作が死ぬほど好き!って人にはどうだろ。
要相談てとこですかね〜。
夏生(なつを) * 映画 * 11:07 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:07 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ