スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
父のこと
JUGEMテーマ:介護

 認知症の父親についての記事で、排泄関係に
 ついても少し触れると思うし、明るい話題では
 なく私的なことに関する記事なので、苦手な方
 はどうかスルーしてくださいね。

 年末年始はずっと実家でした。
 三が日はデイサービスがお休みで、「父が行く
 場所もなく家に居なきゃいけない」という三日間
 で、本人にとっても家族にとっても、あまりありが
 たくも楽しくもないお正月。昔から出好きの父は
 デイサービスだろうがどこだろうがとにかくどこか
 に出かけたいし、家にいてもやることもできること
 もなくテレビを見る集中力すら失われてしまって
 いて、でも退屈はするので非常に面倒くさい。
 ただ、昨年、一昨年と比べるとだいぶ、楽には
 なりました。

 『不穏』という単語を辞書で引くと「形勢・世相など
 がおだやかでないこと。険悪」と書かれています。
 でも看護用語でいう『不穏』は、急に逆上して取り
 乱したり、怒鳴ったり、暴れ出したり、と興奮して
 手が付けられない状態になる、という意味のこと
 です。

 父はこの症状が頻繁で、施設で他の利用者さん
 に暴力をふるったり、大声を出して怖がらせたり
 して、帰宅を余儀なくされることが何度かありま
 した。家でも、それは主に母にぶつけられ(母も
 負けてはいないのですが…)、私も何度が酷い
 暴言を吐かれたり、殴りかかられそうになったり
 (みすみす殴られないけど)、物を投げられたり
 (よけるけど)しました。漏らした便の始末をして
 いる時にそういう状態になられたりするとマジで
 顔に紙パンツ投げてやりたくなる。特に、昨年の
 冬が酷かった。

 2014年の秋くらいから明けて2015年の2月くらい
 までがほんとに大変だった。だから昨年のお正月
 なんて少しも気が休まらなかったし、母も疲労が
 ピークでちょっと様子がおかしかった。去年の冬
 は辛くて長かった。

 今だから言えるって話で、父がこのまま生きて
 家族を苦しめ続けるのと、私が父を殺して警察
 に捕まり(殺して自分も死ぬ、という発想はない)
 迷惑をかけるのとだったら、どっちが不幸だろう、
 というのが頭をよぎることもあった。

 うちの父と同じく認知症で施設に入所されていた
 お友達のお父様が亡くなられたとの報せを聞け
 ば、悼む気持ちよりもまず羨む気持ちになった。

 正直、施設に入っていたこと自体が羨ましくて、
 そういう自分が浅ましく、人として底辺だな、と
 思った。だけどそう思うことを止められない。
 なんと罵られても構わない。

 ただ、親の借金や浪費癖に悩んだこともなく、
 罵声を浴びせられながら、物を投げつけられ
 ながら、親の下の世話をした経験もない人に
 非難されたくはないけど。同じ経験をしたこと
 がある人だけが私に石を投げなさいって思う。

 どんな状況であっても「生きてさえいてくれれば」
 「死なないでくれさえすれば」と思い続けることが
 できる人がいるのだとしたら、その方は素晴らしい
 人格者であり、愛情深い方であり、私のような底辺
 にとっては眩しすぎてお近づきになりたくないです。

 とにかくあまりに「不穏」の症状が酷いのでかかり
 つけの先生に頼んで、リスパダールという頓服薬
 を出してもらうようにしました。症状が出た時に服
 用させると、興奮がおさまるのです。普段処方され
 ている薬もグラマリールと抑肝散という漢方薬で、
 いずれも神経の高ぶりを抑える薬です。

 この薬のおかげか、昨年の5月くらいから徐々に、
 激しい症状が出ることが少なくなり、穏やかになっ
 てきました。「不穏」の時は独特の、剣のある鬼の
 ような形相になるのだけど、その表情が出ること
 も少なくなった。

 相変わらず多動で躁状態のことが多くこちらは
 あまり聴いていたくないようなこと(テレビに出て
 くる人への罵声とか)をずっと喋っているので、
 イライラはしますが、逆上されるよりはずっと
 マシです。

 本当に、人の心というものを全部絞り出して捨
 ててしまったのだろうか、と思うこともあったの
 だけど最近は「ありがとう」とか「世話になった」
 とか「すまない」とか「ごめんな」とか感謝や謝罪
 の言葉を口にするようにもなった。

 先日、夜中にトイレ誘導をした時、尿取りパッドが
 ずれていて、3時間前にかえたばかりのズボンと
 紙パンツとベッドの防水シートと全とっかえ、という
 羽目になった時、母がヒスを起こしていて、私も
 いい加減疲れていて、「なんでいちいち文句言う
 のよ!」と母には聞こえないように毒づいてたら
 「お前は悪くないよ。お前は悪くない」と父が言って
 くれた。びっくりした。昔のお父さんみたいだった。
 一年前には絶対に聴かれなかった言葉だ。 

 父の部屋を整理した時に出てきた大量のメモ書
 きを先日帰省した際に、まとめてじっくり読んで
 みた。それは2009年からの日付でおよそ半年
 ほど毎日、生活の記録を事細かに書きつけた
 メモで、セールスを含む来客の有無、かかってき
 た電話、食事やおやつ、排泄(大とか小とか書い
 てあるのが多分そう)、見たテレビのこと、等々、
 時刻付きで記されている。

 この頃から尿失禁の症状が出ていたらしく自分
 で尿取りパッドを購入したりもしていたようだ。
 おそらく日に日に怪しくなる自分の脳に不安を
 感じていて、記憶がなくなること、普通でない行動
 や言動をしてしまうことに恐れを抱き、書き留める
 ことで踏みとどまりたいと思ったのか。家族に疎外
 されていることへの寂しさや怒りの感情も吐露され
 ている。

 母、弟、私、にとっても、この頃は暗黒だった。
 何をするかわからない父が、恐ろしくてたまらな
 かった。大事な年金を、入ったそばから引き出し
 使途不明金にしてしまう父から私が通帳を取り
 上げて、この頃は月に3万の小遣いを渡してた
 はずだ。外に働きに出ているわけでもなくただ
 家にいるだけの父に3万?!使い道って何?!
 と思うが、しかしそれもあっというまに使って月末
 には小銭だけになる。一体、現役時代どういう金
 の使い方をしていたのだ、と思う。こちらが知らな
 いうちに誰にお金を借りにいくか、家を担保に金
 を借りてしまうのでは、家を売ってしまうのでは、
 闇金に手を出すのでは、という不安があった。
 
 あの頃に比べたら今は全然マシだ。ケアマネの
 方も、お世話になってる施設の方たちも、かかり
 つけの先生も、父の状態を理解して親身になって
 くれる。私たち家族だけで闘っているわけじゃない。
 父が穏やかになったのも、薬の作用だけではなく、
 そういった周りの人たちのおかげなのだと思う。

 でも、母だって老いてくる。父の症状だって今後、
 どのように進むのかわからない。不安はある。
 それについてのストレスは実家にいてもいなく
 ても常にある。

 ただ、どの状況にあっても、自分が不幸の渦中
 に取り込まれない、悲劇の主人公になったような
 気持ちにならないようにする、そのコツは、ただ、
 ひたすらに、「観察」しかないと思っている。

 なるほどなるほど、こういう状況の時には人は
 こういう反応をするのか、こういう反応されると
 自分はこういう気持ちになるのか、と。一つ一つ
 が生の資料であり、情報。特にユニークでもなく、
 だけど世界に一つのオリジナルの情報。

 怒鳴りつけながらでも泣きながらでも、「なるほど」
 と観察する自分を常にそばに立たせ見つめさせて
 記憶させておく。辛いと感じる一方で、その辛さに
 揺さぶられる私と揺さぶる状況と、双方を興味深い
 ものとして見る。静かに、ひたすら観察する。
| 日常・できごと | 17:20 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
日々のこと
JUGEMテーマ:日々徒然
 
 季節

 暖冬暖冬言われていたのが急に寒くなって雪も
 降ったりして、ただ確実に季節は春に向かって
 いるようで、いつのまにか梅のつぼみが大きく
 膨らみ、花開いているものもありました。

160126_172540.jpg

 悲しい

 父が特養のショートステイ利用期間でいなかった
 夜、母と弟と私と三人で、最寄駅に最近できた
 塚田農場に行ってみました。

 最後に何のサービスだかお皿にこんなことを
 書かれてしまった。

160106_202532.jpg

 だんなさん、おくさん、じゃねーよ!!
 ねーちゃん、おとうと、だよ!!
 かーきーなーおーせーとも言えないし。
 悲しい。


 うちのうさぎ

160114_221711.jpg

 相変わらず、繊細で乱暴者。

 11月に母と私で熱海に温泉一泊旅行をしたの
 ですが、いつもお世話してる母の姿が見えなか
 ったのがショックだったのか、下痢をしまして。

 いや、別にまる一日放置したとかじゃなく、弟は
 旅行には行ってないし、仕事から帰ってきて夜は
 ちゃんと遊んであげてたらしいのに。翌日、ちょっと
 遅くなって帰って来たら、餌をいれたお皿の前でうな
 だれており、餌も全然食べてないし。「うさぎは寂しい
 と死んじゃう」って迷信じゃなかったのか。2年前に
 旅行した時は、飼い始めたばかりだったけど、そこ
 までじゃなかった。ちょっと怒ってたけど下痢までは
 しなかった。

 この子、ショックなことがあると下痢するみたい
 で、夏に病院に連れていった後も2〜3日下痢を
 していました。

160114_221743.jpg

 ランランと目を光らせて餌を食べている。
 寒いせいか食欲旺盛。

160115_195504.jpg
| 日常・できごと | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
紅葉
JUGEMテーマ:日々徒然
 
 絡みつく紅葉と落ち葉。

151204_124640.jpg

 紅葉と青空。

151204_124658.jpg

 マンションを這い上がる紅葉。

151206_115411.jpg

 ススキと柿の木。

151209_121941.jpg

 焚火みたいな紅葉。

151209_122010.jpg
| 日常・できごと | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
うちのペレ
JUGEMテーマ:ペット
 
 実家にいると、基本的に日々の楽しみや癒しが
 「うさぎ」になってしまい「大きくて健康そうな良い
 糞をたくさんしてくれている」ことが一番の幸福、
 という日々だったりします。

 良い糞をしてもらうためには、エサが大事なわけ
 ですが、うちの子の主食のペレット(固形フード)
 はこれ。 

 

 色々リサーチした結果、これが一番繊維質が豊富
 で身体に良さそうだ、という結論になった。だけど、
 あんまり味が好みじゃないようで、食い付きが悪い。

 なのでこれと混ぜて与えています。

 

 こっちはよく食べる。

 実はちょっと味見してみたのですが(呑み込みは
 しないですけど)、確かに「彩食健美」って方のが
 食べやすいのはわかる。歯ごたえも香りもこっち
 の方が嗜好性高いよね、とは思うのですが。

 どうもうちの子は歯ごたえが硬めでカリカリした
 食感のものを好むみたいで、時間がたって湿気
 をふくんでしっとりしちゃうともう絶対食べない。
 ぬれ煎餅大嫌い、湿気った煎餅死ね!という嗜好
 のようです。

 なので牧草も柔らかめのではなく硬めの一番刈り
 というチモシーを選んでおり。

150921_065816.jpg

 このタイプにしてから、草をよく食べるようになった。

 しかし最近お気に入りなのはこれ。

150921_065749.jpg

 むちゃくちゃ香りが良く(お茶っぽい香り)美味しいらし
 くてすごい食べるけど、すごい高い。これで2600円
 とかする。ちなみに上のは1000円前後。

 この牧草よりさらに好きなのがこのおやつ。

150921_065937.jpg

 これはもう、狂ったように食いつく。
 なんか麻薬的なものでも入ってるんじゃないかと
 心配になるくらい。なかなかケージに入ってくれ
 ない時でも、これ見せると即釣られます。

 最近、ますますかわいい、うちのペレ。

150920_230103.jpg

 手をそろえて休息中。

150920_230036.jpg
 
 
| 日常・できごと | 01:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
はきだめにツル、的なユリ
JUGEMテーマ:日々徒然

 スーパーの駐車場の脇に一輪だけ白いユリ
 が咲いていました。

150729_162605.jpg

 不思議な光景。
 はきだめにツル、的な。
 ユリって意外と強いのね。

150729_162613.jpg
| 日常・できごと | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
動物は飼いたくない
JUGEMテーマ:ペット
 
 6月の終わりから7月初めまで実家に帰ってたんです
 けど、実家で飼ってるうさぎが軟便気味で。

 季節の変わり目とか換毛期にはわりとよくあるらしい
 のですが、いつものコロコロした丸い糞じゃないドロッ
 としたハミガキ粉状態の糞が混じってるのを見てもう、
 目の前が真っ暗になり、半泣きでネットで検索したり、
 病院がやってない日だったので「電話で何でも相談
 してください」と言ってくださってるうさぎ専門店に電話
 したりしてしまいました。固形の糞もちゃんとしてるの
 なら、すぐに病院に連れていかなくても大丈夫、様子
 を見て、と言われ、固形エサやおやつを与える量を
 減らして、牧草を多目に食べさせるよう誘導したら糞
 が安定してきた。良かった。

 母に言ったら「えー、そういうことたまにあるよ」だって。
 私、ずっと一緒に暮らしてるわけじゃないから、そんな
 の見たの初めてだったし、うさぎって特に調子悪そうと
 か、どこか痛そうとかわかりづらいから(本能的にそう
 いう弱点を周囲に気づかせない、表現しない、習性が
 あるようです。弱肉強食の世界で、草食動物ってそう
 みたいなんですね)、もう心配で心配で、他のことが手
 につかなかったくらい。

 ペットを飼うって、嫌だなあ…と思った。
 可愛いけど、可愛いからこそ、自分から進んで動物を
 飼うことはないだろう、と思います。だって結局「最期
 をみとるまで」が飼うってことだし、こんなにかわいい
 けど十年先は生きてないんだよね…と思うとどんより。
 私はフィクションじゃない死、に慣れていない。生き物
 を飼った経験がないのもそうだし、祖父母と一緒に暮
 らしたことがないし。

 しかしこんなに可愛い動物を家族として迎えて一緒に
 暮らして日々可愛いところをたくさん見てエサを与えて
 糞尿の始末をして互いに慣れて愛着がわきかけがえ
 のない存在になったところで別れがくる。ペットを飼う
 世間の人たちは果敢だと思う。私はそんな、ヘビーな
 ストーリーには耐えられない。ペットと暮らすの、多分
 向いてない。可愛い動物動画あたりでヴァーチャルに
 満足しておくのが合ってると思う。

 ああでも、ほんとにこんなに可愛い。
 (丸くなってます)

150704_202146.jpg

 アホほどかわいい。
 (ちょっと豚っぽい)

150707_215240.jpg

 うちの子、うさぎにしてはちょっと表情がキツイと
 いうか目がつり気味なんですよね。

150706_223138.jpg

 そして性格もどちらかというと気が強い方。

150707_215417.jpg

 草食動物的臆病な気質はありながらも妙に強気で
 ワガママで気に入らないことがあると餌入れの容器
 をケージのロフト部分から下に叩き落とす。それが
 あまりにも頻繁で間違って怪我すると怖いので餌の
 容器はロフトに置かないことに。

 エサに座って、草を食べてる。

150705_084251.jpg
| 日常・できごと | 08:43 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
五月が好き
JUGEMテーマ:つぶやき。
 
 五月は、一年で三番目に好きな月です。

 真夏の七月八月は特別で、何にも代えがたく、
 一年に一度しか会えない最愛の恋人の逢瀬
 のような心持で過ごす日々になるのですが、
 それに匹敵するくらい好きなのが五月。

 まあなんといっても断然過ごしやすいのは夏
 の盛りより今の季節、初夏の方なのです。
 湿気もなく、気温もちょうどよく、日が長くて、
 陽射しが明るく、木々の緑が美しい。

 この季節の中にいられるという充実感。
 久しぶりに息を吹き返したような、やっと生きて
 いるという実感を取り戻したような。

 年間で、好きな季節が三ヶ月しかないって、損を
 してるような気もするけども、九か月もどんよりと
 過ごしているからこその幸福というのもあるかも。

 V6の「心からの歌」の、ピアノから始まる間奏の
 部分て、音として五月っぽいイメージです。
 あの、ちょっと乾いたキラキラ感と躍動感。
| 日常・できごと | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
祝賀会を開きました
JUGEMテーマ:ジャニーズ
 
 遅ればせながらではありますが、岡田くんの
 アカデミー賞受賞と、園長延長、あとツアー
 決定、シングル発売決定など、諸々まとめて
 のお祝い会が、シズ師匠宅にて開かれました。

150325_165725.jpg

 相変わらず女子力の高い師匠が手料理を振る舞って
 くださいました(一部私も手伝いましたが猿でもできる
 混ぜたりするようなことだけ…)。

 ひよさんが録画してくれた日本アカデミー賞授賞式の
 完全版を観つつ、酒を飲み、ディナーをいただいて、
 プチ「授賞式に出席してる人」気分(笑)。

 これは2003年ヴィンテージのワインです。
 「ソーンヒルズ シラー」。

150326_090235.jpg

 個人的に、この年のヴィンテージのワインを開けて
 飲むことに拘りたかった。というのは、この年こそ、
 岡田くんの映画人としてのスタートだったと言える
 から。
 
 2003年、7月に「COSMIC RESCUE」公開。
 同年9月、「Hard Luck Hero」限定上映。
 そして11月1日「木更津キャッツアイ日本シリーズ」
 が公開。当時まだ岡田ファンではなかったんだけど、
 渋谷のシネマライズに行列ができていたことは覚え
 ています。キャッツファンだったので。

 それから11年、同じ歳月を経たワインがどのような
 味に変化しているのか。実はこのワイン、2005年
 か2006年くらいに試飲して購入しているのでまだ
 若い時の、当時の味を覚えているのです。ちょっと
 タバコっぽいフレーバーで苦味も感じられ、かなり
 アタックの強いワインでした。5000円くらいとまあ
 まあのお値段で、当時から既に完成された味では
 あった。

 ワインを長期で寝かせるのは結構冒険で飲み頃を
 過ぎて味が悪くなってしまうこともある、し、ボトルの
 中で熟成してより美味しくなることもある。

 このワインは果たしてどうだったか。
 開けてみてまず、シラー特有の獣っぽい薫りが強く
 出ているのを感じた。最初に飲んだ時の煙草的な
 フレーバーは少々引っ込んで、野生的な味わいが
 前面に出たような。古酒っぽい枯れた香りはありま
 せんでした。むしろ、前よりも暴れた風味になって
 いるかも。余韻は長いです。若い時とちょっと雰囲気
 変わったけど、若干面倒くさいかんじになってる気が
 するけど(笑)美味しい、面白い。熟成された、という
 よりは、ワインの、葡萄の、別の面が引き出れた、と
 いうような印象を持ちました。
 
 というわけで、まあちょっと、かの人の11年の間の
 変化と被るものを感じたりとか。とりあえず、枯れて
 なくて、劣化していなくて良かった。

 そしてシズさんが出してくれた、これ!!

150325_214557.jpg

 これ、飲みたかったのーーーー!!!

 岡田くんがCMしていたサントリーピュアモルトウイ
 スキー「北杜」。残念ながら現在では製造終了して
 しまって店頭にないのです。あの当時はウイスキー
 は飲まなかったので、手に取ることもなかったけど、
 飲むようになった今こそ!飲んでみたくて、たまに
 ヤフオクで探してみたりもしてたのです。超嬉しい、
 さすが師匠。

 早速ストレートでいただいてみました。
 持参していた「シーバスリーガル12年」と飲み比べ
 る形になったんだけど、華やかで甘い香りとスモー
 キーフレーバーのバランス、的にはシーバスと似た
 印象、甘い香りの方が勝っていて飲みやすい、けど、
 シーバスの方が柔らかくて、北杜の方が尖っている、
 ちょっと刺々しさがあるかんじ、かな、あくまで比較を
 するとだけど。今家で飲んでいる竹鶴NAともちょっと
 似た印象。個性は強くなく飲みやすくて美味しいです。

 あの当時の、「美しさで人を殺せそう」だった岡田くん
 が、物憂げにグラスを傾けて飲んでいた中身がコレ
 だったのねと想像すると(CM撮影時に本当に飲んで
 たかどうかは知らんけど)それだけでありがたい命の
 水!的に尊い味な気がします。
| 日常・できごと | 23:16 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
うちのペレ
JUGEMテーマ:ペット
 
 実家にいる間、私のアイドルはV6でもたけるくん
 でもなく、飼いうさぎです。

 アップすぎなーい…?

150127_230435.jpg

 なんか最近、富にうちの子、やたらとムチムチして
 きてまして。昔はこんな重そうなお尻してなかった
 と思うんだけど…。首周りも妙に肉付きが良く。 

150127_223236.jpg

 冬だからというのもあるのかもしれないけどすごい
 食欲なんですよね。食べるの早すぎるし。以前は
 与えられた一回分の餌を少しずつ食べていて、朝
 あげたのが夜まだ残ってたりしてたのに、最近は
 もう、あっという間に完食してしまう。口の中を怪我
 して食べられなかった時期あって、それから食欲
 が倍増した気がするのでやっぱり影響あるんだろう
 なと。

 あと私は、牧草を中心にペレットやおやつは少な目
 にしたいのに母は喜ぶからっておやつ的なものを
 与えて甘やかすので、それもどうなのと思っている。

 健康上問題なかったら別に太ってても構わないと
 は思うのですが。できれば病気とかさせず長生き
 してもらいたいから。

 むっちりむちむち。

150126_213820.jpg

 あとこの子は基本的に「ひとり遊び」ってことができない
 構ってちゃんで、人が見てないとあまり動き回らない。
 誰かついてるとダッシュしたり飛び上がったりとものすごい
 アスリートっぷりを見せるのに、ギャラリーがいないと
 しょんぼりしちゃう。「僕のすごいとこ見ててください」的な
 性癖があるようで非常に面倒くさい。

 ちょっと放置してる、とこのようにぞっとするほど孤独な様相
 を見せるのです…

150103_212620.jpg

 廊下探索中のペレ。

150128_224240.jpg

 


 
| 日常・できごと | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
困っていること
JUGEMテーマ:介護
 
 父がどのタイミングで認知症を発症したのか、
 正確なところはわからないのです。

 経営していた会社をタイミング良く倒産させて、
 まだ退職するには早い年齢だったけど退職金
 としては普通より多いお金が入ってきて、そこ
 から徐々に病んでいったのだと思う。

 傍からみても会社人間だったので、その居場所
 を失ったショックと、自由になる多額のお金が急
 に手に入ったということと、この二つの要素が父
 をおかしくさせたのかな、と想像しています。

 ただ会社がなくなってからも「残務処理」だと称し
 てマンションを借りて、そこに行くのに朝6時くらい
 に家を出て、午前様で帰宅という、会社がある時
 と全く変わらない生活を続けていたので、家にいる
 ことがほとんどなく、会話もなく、なので父の変化に
 誰も気づかなかった。考えてみれば、用もないのに
 マンションを借りて、行動パターンを一切変えない
 こと自体が明らかに狂っているのに、そこを指摘
 する者が誰もいなかった。

 そして5年かけて元の人格の大半と億単位のお金
 を失くしてしまいました。途中でやはり自分でも変だ
 と思ったようで、自主的に病院で脳のCTを撮ったり
 していたようなのです。その時に診てくれた医師に
 「ピック病の疑いあり」と言われたらしいが、診断書が
 あるわけではなくもうだいぶおかしくなっていた父が
 そう言ってただけなので、しかも現在はそのことも覚え
 ておらず。今となっては脳の全てが委縮しているので、
 写真を撮ってもピック病やらなんやら判断できない状態
 (ピック病の場合前頭葉の委縮が特に激しいらしいので
 すが、今の父の脳は前頭葉が特にとかいうことはなく、
 ほぼ均等に小さくなってる)。

 ただやはり、記憶障害よりも人格の変貌と行動障害
 が顕著な点から見て、アルツハイマーとは違うな、と
 いうのはわかる。症状を照らし合わせると、ピック病
 とレビー小体型の混合なのではないかと思ったりも
 する。係りつけのお医者さんが症状に対応する薬を
 出してくれて(うちの場合はグラマリール、抑肝散、
 不穏時の頓服としてリスパダール)いるので通常は
 安定している方だが、そのうちやはり専門医に診て
 もらう必要がでてくるだろうとは思っている。 

 父を看ていて一番困るのは多動である、ということ。
 目を離すとその隙に何をするかわからない。
 動き回り、そこらにあるものをいじりまくってひっかき
 回し、それにも飽きると家を出て徘徊。おとなしくしてる
 と思って二階を掃除したり買い物に出たりしてる間に
 いなくなってしまったということが何度かあり、大捜索
 騒ぎになったことは二度。一度は畑の中で見つかり、
 一度は救急車に乗せられて帰ってきた(どこかの
 コンビニ入口にうずくまってるのを見て店員さんが
 呼んでくれたらしい)。例えばテレビを見たりして
 じっと座っている、というのが無理、30分ともたない。

 そうするともう家に一人で留守番させおくのは不可能
 で、施設で預かってもらえない日は誰かが家にいて
 みてないといけないわけだが、母も弟も働いていて、
 たまの休みくらいゆっくり寝たり出かけたりしたくても
 父が家にいればそれは不可能。父に対する愛情が
 あればそれも耐えられるのかもしれないが、億単位
 の退職金を勝手に失くし、その上に借金まで使った
 大黒柱を許し愛せよ、というのはあまりに酷だと思う。

 もう一つは尿失禁問題。やたらと水分を摂ってるわけ
 でもなさそうなのに、尿の量がすごい。特に夜、尿漏れ
 パッド6回分吸収を二枚重ねてさらに6回分吸収できる
 紙パンツをはかせ防水シーツを二枚重ねた上に使い
 捨て防水シーツを敷いて寝かせても、翌日下の布団
 まで濡れることがある。信じられない。人ってこんなに
 尿が出るものなのだろうか。単純計算で6+6+6で
 18回分吸収できるキャパの完全防備をしているはず
 なのになぜ。まあ、動いたり横モレしたりしてるからだ
 とは思うのだが、父が使っているベッドは介護保険で
 レンタルしている介護ベッドなので、汚したり濡らしたり
 できないから、そこはとても気を使う。

 またズボンやシーツが濡れたのを感知すると起き出し
 て歩き回り、それがだいたい午前4時から5時なので、
 私も母も気配に敏感だからそれで起こされてしまい、
 安眠できない。せめて6時くらいまで寝ていてほしい。
 以前は、対策として8時から9時くらいに寝かせた後、
 夜中の12時を目安に一度起こしてトイレ誘導をして
 パッドを替えたりしていたのだが、それをしても結局
 朝は同じようにびしょ濡れになって、4時か5時に起
 きてしまうので、だったら12時に起こすという手間を
 一つ省くべきだと提案し、夜中のトイレ誘導は廃止
 された。これをやると、起こして誘導する側も負担
 だし、起こされる方も負担で安眠を妨害されて不穏
 になって大声を出したり、起こされた後しばらく眠れ
 なくなったりと良いことはない。勿論、それが効果的
 なケースもあるだろうが父の場合は何の効果もなく
 双方に害があるだけだと思われた。母は真面目な
 ので、こうするべきだと決めたことは何が何でも
 やろうとするところがあって、なかなか廃止案を受
 けいれてくれなかったが、今回の帰宅時にやっと
 納得してもらえた。

 尿失禁に関しては良い対策、良い商品があれば、
 教えていただきたい。商品はたくさんあって色々と
 試してはいるのだが、なかなかこれというものには
 出会えない。まあ吸収体の性能がどうこうというより
 は父のお腹が張り出していて寝相も悪いので寝て
 いる間に紙パンツがずり落ちてるのが一番の問題
 なのだろうと思うが。

 しかし何と言っても最大の問題点は家族全員が、
 父に対して、同情も愛情も感じていないという点、
 それに尽きると思う。母は特に、弟も私も、父が若く
 してこんなことになったのは、家族を裏切ったバチ
 が当たったのだというふうに思ってるふしがあるし、
 そんな人の面倒をなんで見ないといけないんだ、
 という被害者意識が強い。しかし父は父で、同じ
 ように、被害者意識が強いので、お互いに「虐げ
 られている」と感じていることが、家族全員の精神
 状態を悪化させてると思う。
| 日常・できごと | 11:41 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH