ディープインパクトの死

JUGEMテーマ:競馬

 

コンビにでスマホを開き、この悲しい

知らせを受け取りました。

耳元でキュイーンみたいな音がして、

それからしばらく周囲のざわめきが

消えました。

 

いつかこういうニュースを見聞きする日

が来るのはわかっていました。

だけどそれはもっと先の話だと、勝手に

思っていたのです。

オグリキャップやトウカイテイオーと同

じくらいは生きてくれるものだと。

 

心の準備ができていませんでした。

首の不調で種付けを休んでいるのは知って

いたけど、そんな深刻に受け止めてはいな

かったし。悲しくて悲しくて。

 

20190730_1516355.jpg

 

これはディープの当歳時の姿です。

 

20190730_1516357.jpg

 

かわいくてたよりなくてかわいくてかわいくて。

私はこの写真が本当に大好きです。

ぽわぽわしたたてがみ。

しょぼんとした顔の表情。

小さく細い身体。

 

彼はそのまま小さく成長し、大きく華々しく

活躍してターフを去りました。

 

オレンジ色の西日が差す最後の有馬記念の

パドック。忘れません。黄金に輝いていた彼

の身体を一生忘れないでいようと思います。

 

彼の額にある、リボンのようなバドミントン

の羽根のような、白いかわいい星が大好きで

した。白い靴下を三足、前足に一足履き忘れ

たみたいな足が大好きでした。

 

会いたかった。

 

彼がデビューした年。

あの前後から我が家に暗雲がさし始め。

このゴタゴタが片付いて、家族に平穏が訪れ

たら、ディープに会いに行こうと思っていた。

そんなことを言っていてはダメだったんだ、と

思い知らされます。会いたかったらすぐ会いに

いかないと。永遠に続くものはないと、知って

いたのに。

 

寿命は長くなかったけどディープは幸福な

馬だったと思います。「ブラッドスポーツ」

とも呼ばれる競馬。それは「血統」という

意味のブラッドだけど、別の側面もあると

いうことを知っています。勝てない馬がふと

行方不明になることの意味を。

 

現役時代に大きな故障もせず賢く優しく

たくさんの人に愛され、その期待に応え、

大切に大切にお世話されて、多くの人に

思い出を残して逝ってしまいました。

 

小柄で華奢。顔がかわいい。頭がよい。

天然で天才。私の好きな要素がすべて

といっていいほど詰まっていたディープ。

 

もうこんな仔は現れそうにもないと思って

いるけど、でもできればディープの産駒の

中からディープを超える馬が出てきてくれ

たら、という希望もあります。

ディープがデビューしたのも父馬サンデー

サイレンスが死んだ後だったから。

夏生(なつを) * 競走馬 * 18:47 * comments(0) * trackbacks(0)

訃報

JUGEMテーマ:競馬
 
 後藤浩輝騎手が亡くなったとのこと。

 長年、距離を置きつつも競馬を見てきて
 (して、ではないです、あくまで見てきて)、
 こんな悲しい、信じられないニュースは初
 めてで、悲しく、動揺している。
 
 後藤騎手といえばやはりシゲルスダチです。
 あの雨の日のレースのシーンは目に焼き付い
 て離れない、忘れられません。

 そのシゲルスダチも昨年11月にレース中の
 故障で予後不良になり、世を去ってしまった。

 とても残念です。
 どうか安らかに。 
夏生(なつを) * 競走馬 * 17:08 * comments(0) * trackbacks(0)

日本ダービー

JUGEMテーマ:競馬
 
 2014年日本ダービーは6月1日。
 異様な暑さの中、行われました。

 毎年だいたいこの日は仕事してるんだけど、今年
 は休みで家にいたのでテレビで観戦。
 とはいえ最近は、お気に入りの馬も特にいなくて、
 パドックの雰囲気見て応援する子決めようとNHK
 見たりフジテレビ見たりしてました。

 しかし30度超えとかいったら、夏競馬じゃん。
 クラシックレースにこの温度は悪条件すぎる。

 さて、どの馬がいいかとパドック拝見。
 まず「エキマエ」という名前が気になった。
 名前ひでえええええええ(笑)。

 馬主さんの遊び心?なのか、競走馬にはたまに、
 とんでもない名前をつけられてしまう子がいます。
 例えば「タコ」とかね。お前、馬だろと。「ネコパンチ」
 とかね。弱そうですよね。「モチ」だとか「ペン」だとか。
 もう生き物ですらなく食べ物と文房具ですよね。
 
 今挙げた名前は「ネコパンチ」以外全部同じ馬主
 さんがつけた名前です。小田切有一という馬主が
 珍名をつけることで有名で…ご興味ありましたら
 「小田切有一・馬名」などで検索してみてください。

 哀しいかな、そんな変な名前をつけられた馬は、
 大抵の場合、あまり活躍せず、名前のインパクト
 だけを残して引退していきます。モチ、ネコパンチ、
 あたりは頑張った方。あと珍名でもエガオヲミセテ
 とオレハマッテルゼ(いずれも小田切有一所有馬)、
 はかなり良い成績を残しました。ただやはりその
 ような馬がダービーを制したり、凱旋門賞に出たり
 はしないものです。ディープインパクトだとか、オル
 フェーブル、のようなかっこいい名前の馬がスター
 になるのです。
 
 なので珍名は面白いとは思うけど、私が馬主なら
 つけないなって思う。馬が可哀想。なのでまず、
 エキマエは応援しようって決めました。まあ無理
 だと思うけど。

 あとパドックを見てて気に入ったのがトーセンスタ
 −ダム。ディープインパクト産駒です。このレース、
 ディープの仔は他に三頭出馬していましたが、
 トーセンスターダムが一番、顔つきと身体つきが
 好みだった。
 
 応援する馬が決まったところでレーススタート。
 いきなり、エキマエが逃げる逃げる。他をぶっち
 ぎっての先頭、それに続くのがトーセンスター
 ダム。終わった。このままの着順なんてことは
 まずありえん。と思ったらエキマエが競走中止。
 トーセンスターダムは直線までいい感じで来た
 のでこれはもしかして、と思いきや、内ラチに
 激突。なんだこれ。私が応援すると決めた二頭
 がこれって。呪いか(笑)、こわああああ。

 トーセンスターダムの方は単にぶつかっただけ
 で(内ラチがぐにゃんて曲がってたけど)大丈夫
 そうだったけど、エキマエの方は状況がわから
 なかったので心配でした。一頭独走状態で逃げ
 て、府中で急に失速、というと嫌なこと思い出さ
 ずにいられないし(サイレンススズカの件)。

 結局、骨折とかではなかったみたいで、大事に
 至らなくてほんと良かった。
 優勝はワンアンドオンリー、ハーツクライ産駒。
 そういえば先週のオークスも大本命のハープ
 スター(ディープ産駒)を制してヌーヴォレコルト
 (ハーツ産駒)が優勝したよね…ムカつく(笑)。
夏生(なつを) * 競走馬 * 17:51 * comments(0) * trackbacks(0)

武豊&キズナ、ダービー制覇おめでとう!!

JUGEMテーマ:競馬
 
 久々に競馬の話題。
 で、久々に、嬉しかった!!

 ●日刊スポーツ

 ●スポニチ

 武豊、2005年のディープインパクト以来の、
 ディープインパクト産駒騎乗でのダービー制覇。
 
 なんというドラマチックな…。
 泣いてるファンも多かったと聞くがわかる!!
 私も仕事場じゃなかったら泣いてた。
 
 競馬ファンはなんだかんだ言ってみんな武豊が
 好きなんだなあってあの沸きっぷりを見て思った
 し、武のコメントを聞いて、ディープと武のそれこそ
 「絆」について思いをはせたというか…

 ディープが引退して以来、武豊の不振が続き、もし
 かしてディープが武の運を持ってっちゃったのかも、
 とかも思いましたが。

 良かったなあ。本当に良かった。
 それにしても、ディープ産駒が二年連続でダービー
 制覇とは。やっぱすごい。
夏生(なつを) * 競走馬 * 20:05 * comments(0) * trackbacks(0)

今年のカレンダー

JUGEMテーマ:競馬

 競馬ファンの皆さま、いよいよ一年のしめくくり、
 有馬記念がせまってまいりました。
 今年は有馬記念の翌日に開催が一日あるという
 よくわからない締まらないスケジュールになっており
 ますが(ほんと意味わからん…)。
 まあ合わせて、よかったら参加してみてネ☆

 ファン向けに毎年配られるカレンダー、今年はなかなか
 いい感じでした(お友達に見せてもらいました)。
 日本ダービー馬、有馬記念馬ということで、スター馬そろい
 です。そうこなくちゃ、JRAのカレンダーはこうじゃなくちゃ。

 一月から、年の初めからディープインパクトですよ。
 最高ですね!

121216_080434.jpg

 きゃわきゃわ。

121216_080502.jpg

 根強い人気のトウカイテイオー。
 かっこいいです。

121216_080517.jpg

 もはや伝説、オグリキャップ。

121216_080634.jpg

 残念ながら、オルフェたんは載っていませんでした。
 ま、彼は来年も走ってくれるみたいなので引き続き応援
 したい。燃え尽きないでね。
 次の凱旋門賞はぜひ勝ってほしいです。
夏生(なつを) * 競走馬 * 23:09 * comments(0) * trackbacks(0)

競馬のこと

JUGEMテーマ:競馬
 
 久々に競馬の話です。 

 見ていましたか、昨夜の凱旋門賞の中継。
 私は23時に帰宅し、着ていた服をそのへんに脱ぎ
 ちらかし化粧も落とさずテレビの前にスタンバイ。
 実家の弟と携帯のメールで実況しながら大騒ぎで
 見てました。

 オルフェーヴル………。orzorzorzorz

 後方から直線で馬群を抜けだし、3馬身も突き放した
 からもうこれは圧勝だと思うじゃないですか。
 思ったですよ。世界が見えたと。

 そしたらまあ、ゴール寸前で、ペリエが乗った知らない
 牝馬(ソレミアさん、て名前らしいです)がいきなり追い
 ついてきて、そして、追い抜いていかれました…。
 2着。茫然。なんじゃこりゃ。

 さすがオルフェたん。
 どうしてもオチをつけないと気が済まないらしい。
 笑いに対して貪欲すぎます。

 ディープ厨としては幾分複雑な気持ちでもあったのですが
 ロンシャンの光を浴びてで堂々と、風格すら漂わせてる
 オルフェーヴルを見ていたら素直に勝って欲しいと思った。
 勝てそうにも見えた。

 レースが始まる直前に装着していた黒いメンコをファサッて
 外して顔を見せた時はもう、超イケメン!!!と感動しますた。
 オルフェたんのルックスについては、今までどうこう思ったこと
 なかったんだけど、あのメンコを取った瞬間のオルフェーヴル
 は超素敵だった。私、メンコつけてる馬って覆面レスラーみたい
 であんまり好きくないんです。馬は脚と顔が素敵なのに、メンコ
 したら可愛さ半減以下ですよ。

 で、また栗毛の馬は陽の光に映えるのよねえ。
 キラキラと黄金に輝いてた。
 これは絶対勝つ、と思ったんだけどなあ。
 そういう雰囲気だったんだけどなあ。

 でもまあこれでまたファンを増やしたと思う。
 勝ったらもっと増えたはずだけど、あのポカーンな負け方で
 ファンになった人もきっといたはず。

 ディープインパクトは私を泣かせる馬だったけど、オルフェ
 たんは常に、笑わせてくれる馬です。
 確かに強いんだけどなんか…変なんだもん

 ところで現在、近代競馬150周年記念切手、というのを郵便局
 で販売していますので、競馬ファン&切手収集家はぜひ。

 私も買いました♪

121008_222510.jpg

 上段の真ん中にいるのがディープインパクト。
 一番左がオルフェーヴル。
 隣がアパパネ。
 ディープの右隣がスティルインラブ。
 そして上段右端がナリタブライアン。
 下段は左から、メジロラモーヌ、シンボリルドルフ、ミスターシービー、
 シンザン、セントライト、です。
夏生(なつを) * 競走馬 * 23:35 * comments(0) * trackbacks(0)

2012年天皇賞(春)

JUGEMテーマ:競馬


 そういえば今日はサイレンススズカのお誕生日です。



 このCMのシリーズ好き。
 
 そして今年の天皇賞(春)はこれでした。



 ライス〜(号泣)!!
 ディープの次に彼が好き。
 ていうかディープに彼の面影を見ていた。
 (走りというより体型とか顔とかっていう容姿の面で)
 ライスシャワー使ってくれて嬉しかった。

 サイレンススズカもライスシャワーも忘れられない馬です。
 いずれも最期が悲しいので思い出すの辛いけど。

 そんなわけで2012年天皇賞(春)。

 オルフェーヴル…。
 
 orzorzorzorzorzorzorzorzorzo
 
 ないわー。ないわー。
 あれはないわー。
 負けるたってあの負け方、ないわー。
 馬券に絡まないどころか掲示板に載らないどころか
 二桁着順とかないわ。
 
 JRAだってこの馬で競馬人気の回復を狙ってたんだろうに。
 実際昨年より断然盛り上がっていたし。
 だからこそのあの怒号とお客さんたちの落胆の表情。
 忘れられない。
 まあ、だよね、三冠馬なんてそうそう現れないし。
 牡馬のスター馬が出てくること自体久々だし。
  
 どうしてっていう原因て、一つじゃないんだろうと思う。
 ●馬の体調
 ●調教失敗
 ●騎手の騎乗
 ●馬場
 と色々挙げられてるけどこれらが複合的に作用した結果なの
 だと思う。陣営はきっちり調査分析してレポート提出した方が
 いいレベル。

 馬のボロが緩かった(=下痢してた)という話もあるらしいが、
 それが一番の原因なら救われる…けど身体よりむしろ精神
 の方だったら今後難しいのかも。
 フサイチホウオーなんて結局復活できなかったしなー。

 凱旋門が白紙なのはしょうがない。
 でもまだ希望は捨てないで欲しいです。
 騎手を替えてみるのもアリかもね。
 池添氏を責める気にはならないけど、レース後のあのコメント
 はよろしくなかったように思う。
 気持ちはわからないでもないけどさあ。
 あんなこと言ったらますます叩かれるだけだよ。
 日本人、言い訳ダイキライネ。

 「天皇賞何くるの?」って聞かれて、
 「今年はオルフェーヴルでしょう」
 とか太鼓判押さなくて良かったわマジで。
 「私はネコバパンチを応援しています」って言ってたらネコたん
 は怪我で回避ですた。

 競馬、恐ろしい。
 何事もそうだけどやはり絶対ってない。
 逆に今年の天皇賞は馬とか知らないで「えーじゃあ俺、1月16日
 生まれだから、1−16」とか「数字の1が好きだから、単勝で1番」
 とかで買った人が大勝利ですね。

 おいくら万円になるかといいますと。
 馬連という買い方で「1−16」を100円買って61570円。
 着順も当てる馬単だと同じく「1−16」が208630円。
 1着に来るのを当てる単賞で「1」を100円買って15960円。
 1000円買ってたらその10倍。
 一番難しい(当たりにくい)買い方、3連単「1−16−11」では
 なんと100円で、1452520円です。
 すごいですねー。

 口直しにディープインパクト優勝の2006年春天を視聴。
 やっぱ桁違いの強さ。
 毎回後方からでも安心して見れたもんね。
 ディープのレースって1コ見ると止まらなくなるので結局日曜
 夜から月曜にかけて、全レース回顧しまくってしまった。

 でもオルフェーヴル、まだまだ期待してるよ!
 面白いお父上も応援してると思います(笑)。

 お父様、ステイゴールド。

 

 この動画、何度見ても笑える。
夏生(なつを) * 競走馬 * 22:03 * comments(0) * trackbacks(0)

オルフェーヴル

JUGEMテーマ:競馬

 久しぶりに競馬の話など。

 ディープインパクト引退以来、特にこれといって琴線に
 触れる馬も出てこず、競走馬に対する興味を失ってた。
  昨年の三冠馬、話題のオルフェーヴルもわりと「チッ」
 というかんじで、ディープ厨としては面白くもない、と
 思っていたくらいなんですが、阪神大賞典のレースを
 見て俄然興味わいてきた。
 なんだこの馬、面白えwwww。変態だな。

 ずいぶん早くに先頭にいっちゃって大丈夫なのか?と
 思いきや途中でズルズルと後方に下がり、こりゃダメ
 じゃんと思ったら終盤も終盤で一気に追いかけてきて
 先頭争いに参加、結果二着に敗れはしたけど、こんな
 レース展開ってほとんど見たことない。
 沈んだ馬が追い上げてきてレース復帰って異常。
 漫画の世界だよ。びっくりしました。

 リアルタイムでモニターで見てた時はいったい何が起きた
 のかよくわからず。帰って録画見て、なんかもうゲラゲラ
 笑ってしまった。ちょっと応援したくなった。

 ただ馬のタイプは違うけど、毛色といい、変態っぷりといい、
 どうしてもサイレンススズカを思い出してしまうので、どうか
 ケガには気を付けてね。

 けどオルフェーヴル見てたらディープの走りがどうしても
 見たくなり、久しぶりにDVDと写真集ひっぱり出してきて
 思い出にひたった。泣いた。

 

 ディープ、元気かな…。

 あ、あと白毛のマシュマロちゃんも可愛いですね。
 お姉さんのユキチャンよりお顔が好み(笑)
夏生(なつを) * 競走馬 * 12:07 * comments(0) * trackbacks(0)

安田記念

JUGEMテーマ:競馬
 


  安田記念、昨日のウオッカもすごかった…
 直線で囲まれた形になったので、ここを抜け出すのは
 無理だろうな…と職場でも全体的にあきらめムードだった
 のですが、そこからぐんぐん伸びて、最後ディープスカイ
 を差し切ったときは鳥肌!
 豪傑!!

 失礼ながら「ウオッカ、本当は女の子じゃないんじゃない?」
 と、みんなで言ってました(笑・ごめんよウオッカ)。
 強いわ〜ほんと強い。
 ウオッカ単勝に340万投じてた人がいたけど、当たって
 よかったね!

 武も勝ててよかった。
 四位くんは複雑だっただろう…
 あとアンカツはやっぱりうまいんだな、と思いました。

 

夏生(なつを) * 競走馬 * 11:26 * comments(0) * trackbacks(0)

今年のカレンダーはかわいい

 JRAで配られるカレンダー、今年のはとてもカワイイ。
 (申し訳ないけど去年一昨年のはイマイチだった…)
 仔馬特集なのです。萌え。

 こーんな写真や。

09-01-05_23-33.jpg

 こーんな写真が、

09-01-05_23-31.jpg

 毎月見れちゃう。
 ああ、カワイイなー!!癒される。

JUGEMテーマ:競馬
夏生(なつを) * 競走馬 * 12:39 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ