スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

V6の愛なんだ2019

JUGEMテーマ:ジャニーズ

 

トニセンの18年ぶりディナーショー、

おめでとうございます。行きたい。

そして坂本くん、手術が成功していて

良かったです。リハビリ頑張って、

あまり無理をされませんように。

ディナーショーならそんな激しく踊ったり

することはなさそうだけど。

こういうちょっと心配なニュースを嬉しい

ニュースと併せて発信してくれることに

ファンへの思いやりを感じます。

けど、なんかトニセン、羨ましい。

 

私は井ノ原担だけどユニットとしては

いまだカミ担なので(これは趣味の

問題。私はアイドルはキラキラしてて

オシャレでちょっとかっこつけてて

高嶺の花でいて欲しいの、アイドルは

信仰の対象だから)、カミセンでも

何か、って思ってしまうんだけど、

望み薄、ということもわかっている。

 

今年の「愛なんだ」は「それが何であろうと、

何かを好きになること夢中になること

それに熱中すること、は素晴らしいこと、

それが愛なんだ」という事を例年以上に

ストレートに伝えてくる番組になっていて、

笑いを盛り込みながらも全体的に真剣で、

気持ちよく見られました。

 

最初は笑ってたけどだんだんただの岡田

イジリになってファンからの心証も良く

なかった「岡田先生」のコーナーが今年

はなく、かわりにアクションの師として

本格的にグレードアップされた「岡田

先生」コーナーとして見ることができ、

すごく良かったです。

 

私はアクションにも格闘技にも一ミリも

興味が持てないし今の岡田くんの体型と

顔つきが全然好みではないけど、それは

それとして、やはり「何かを好きになること、

夢中になること、熱中して究めるまで

いくこと」の素晴らしさを学生たちと同様

に岡田くんにも感じたし、それが愛なんだ、

と思ったことであるよ。

 

普通に見応えがあったし、本格的で

単独で一本のドキュメンタリーとして

成立しそうなかんじだった。

健ちゃんの出番が大幅にカットされてた

のも残念なので、完全版が見たい気が

する。

 

作新学院もせっかく六人揃ってたんだ

からもう少し生徒と絡んでもう少し長

く見たかったです。学生さんクローズ

アップはどれも良かったけど六人での

わちゃわちゃ成分が少々足りなかった

かな〜。来年(もあることを前提に)

は25周年の年なので、V6ファンにも

ちょっとサービスした内容にしていた

だけると嬉しいです。

 

しかし今年私が一番最高と思ったのは

長野くんのウグイス嬢でした。

夏生(なつを) * V6 * 17:59 * comments(4) * trackbacks(0)

VIBES

JUGEMテーマ:ジャニーズ

 

「夏も終わりね」

という言葉が嫌いです。

私の中では9月もまだ夏です。

 

今年の夏は久しぶりにこのCDを引っ張り

出してきてよく聴いていました。

CD…ていうかDVD。

当時、一応これ「DVDシングル」という

謎カテゴリーとして発売された代物でして、

CDはあくまで特典であって付録。

なんだけど曲は通常版で7曲限定版で8曲

収録されている、ほぼミニアルバム。

どっちかって言うとDVDがオマケなかんじ。

この形態、二度と出なかったけど。

 

それはともかく、夏に聴くのにぴったりの

なかなかの名盤です。

nostalgieという曲が特に好きで、今年の夏

はどういうわけだかこの曲がずっと頭の中

を回ってました。それで久々にアルバムを

通しで聴きたくなったのです。

 

専門的なことはよくわからないんだけど、

「夏っぽい音」「冬っぽい音」ってあります

よね。どんなに歌詞が冬だとしてもこの曲調

は夏でしかない、という音。

 

このアルバムは「夏っぽい音」の曲が半分

くらいを占めていてなんといってもビール

に合う!と言いつつ、聴きながら今飲んで
るビールはキリンの秋味なのであった。

 

夏生(なつを) * V6 * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0)

井ノ原くんだいすき

JUGEMテーマ:ジャニーズ

 

井ノ原くんを見ているとたまに、

「ああ、もう喋らないで」

「面白いこと言おうとしないでいいよ」

「自虐で笑わそうとするのやめて」

と思うことがある。

 

喋らないで歌って踊って笑わないで怖い顔

してる井ノ原くん、超かっこいいのに。

スタイル完璧だし若いし顔だって可愛いし

自虐する要素なんてないのにさー。

本人が自分を下げるから「中身はいいけど

外見はダメ」みたいな共通認識になってるの

マジ納得いかない。

 

喋ってる井ノ原くんが嫌いとかじゃなくて、

彼が喋るとその話の面白さ(本当に面白い

かどうかはともかく、滑ってる時もあるが)

とかキャラとかに注目がいっちゃうから、

彼の輪郭の美しさとか体躯の色っぽさとか

長い足を邪魔そうに上げて踊る動きのかっこ

よさとか、色彩豊かな歌声とかが、印象に

残らなくなっちゃう。

それはなんて勿体無い、と思うからなのです。

 

だから歌番組とかに出た時の一般の人の感想が

「坂本くん歌うま足長」「長野くん貴公子」

「剛くん踊りヤバ」「健ちゃんかわいすぎ」

「岡田くんかっこいい」「イノッチおもろー」

になるの面白くないの。悲しいの。

 

 

舞台の番宣でトニセンがバラエティに出てるの

は楽しかったけど以上のようなモヤモヤを多少

抱えながら見ていた、井ノ原担です。

 

快くんは、マジかっこいいです!!

不細工とか言う人、目が悪いです。

夏生(なつを) * V6 * 16:50 * comments(2) * trackbacks(0)

あさイチプレミアムトーク「森田剛」

JUGEMテーマ:ジャニーズ

 

 蜷川さんの話題になり、剛くんが涙を見せた時の

 有働さんの驚きと戸惑いの表情が印象的だった。

 ゲストが泣く。

 トーク番組としてはおいしいシーンだ。

 ホストがそれを引き出そうとする意図見え見えな

 ときもある。あさイチでも何度か「二人してこれ

 泣かそうとしてるな」と感じる場面はあった。

 

 でもこの時の有働さんは本当にちょっとびっくり

 していて困ってもいて、どうしたらいいのかわか

 らないように見えた。

 

 井ノ原くんは涙については触れずに、そっとして

 おこう、わかるわかる、みたいな様子でお兄さん

 ぽかった。

 

 ちょっと気まずそうにも見える笑顔で場をとりなす

 井ノ原くんを見て、坂本くんの心配そうな顔を思い

 出して、長野くんのやわらかい笑顔を思い浮かべて、

 ああ、この人たちが、上の三人が、剛くんの自由さと

 純粋さを守ったのだ、と思った。お互い、そうと意識

 はしなかったかもしれない。だけど確実に守られてた
 何かがある。上の三人が別の三人だったらきっと、
 今の剛くんじゃなった。下の二人はその剛くんに、
 寄り添い、ぶつかったり離れたりする時期も経て、
 一緒に成長してきた。だけどカミセン三人だけの
 グループだったらきっと早くに若いうちにおかしな

 状態になっていた気がする。

 

 この日の井ノ原くんの司会っぷりはおおむね好感度

 高かったと思うけど、全体的にもう少し「待て」と

 言いたかった。

 特に、自分との葛藤について、剛くんが言葉を探して
 いるときに「なんか、わかる…」と話を引きとり、
 どう考えてもあさっての方向からの話に転換して
 しまったことに対してはかなり「残念!」と思った。

 井ノ原くんは結構沈黙を怖がる人で、その後、もう

 一度この話題に有働さんが戻してくれたので良かったん

 だけど(有働さんグッジョブ)。

 井ノ原くんは自分で把握している心のスペースが剛くん

 よりも広いけど剛くんより深くはなく(心の広さ深さの

 話をしているわけではなくあくまで己で把握している

 自分のスペースのことです)剛くんは井ノ原くんよりも

 狭いんだけど深い。だから自分のことを話そうとすると

 深く狭く入っていくしかないので時間がかかる。それを

 もう少し待ってあげて欲しかったが進行もあるからそう

 もいかないか。

 

 途中、結構怖い顔で井ノ原くんがVTRを見ているシーンが

 あった。じっと見てるんだけど恐ろしく無表情で。私は

 この井ノ原くんをよく知ってるな、と思った。テレビで

 はそんなに見せないけどコンサートのお客さんの前では

 よくこの顔でいるよね。

 

 「神対応」「明るい」「癒される」井ノ原くんは特別に

 は彼に興味がない人に見えている像。これはいわゆる、

 「イノッチ」。そしてこの「イノッチ」がみんなに見せ

 たい姿なんだろうと思うが、ファンは、彼を好きな人は

 だいたい「イノッチ」じゃない井ノ原くんを観てる。

 森田くんのように、ではなく、でも井ノ原君にも
 殺人者の役はできると思う、というか似合うと思う。
 個人的にV6の6人の中で一番冷酷なのは井ノ原くん
 と思っていて、だからこそ私は岡田くんにかわる

 いわゆる「担当」「推し」として井ノ原くんを選んだ

 のかなと思ってる。

 選択肢は剛くんか井ノ原くんだったんだけど。

 

 別に冷酷な人が好きなわけではなく、より寂しい人、

 孤独な人を選びたかった。
 森田くんは孤独だとしても孤独を感じることを選ばない

 気がする。

夏生(なつを) * V6 * 12:10 * comments(0) * trackbacks(0)

第66回紅白歌合戦の感想

JUGEMテーマ:ジャニーズ
 
 なんでまた、井ノ原くんが初司会の年に、連続
 優勝していた白組が負けてしまうん?
 勝敗なんて毎年どうでもいいと思ってたけど、
 今年はすごく残念だった。
 V5さんも揃って残念そうな顔をしていたと聞き、
 切ない気持ちになりました。
 
 しかしながら、井ノ原くんの司会は立派だった。
 ひいき目かもしらんけど。ちょっと出演者への
 ボディタッチが多すぎないか、というのが唯一
 気になっていたんだが、あれは立ち位置を修正
 するためだったのね、と後から知る。綾瀬はるか
 ちゃんも二回目ということで、ずいぶん危なげが
 なくなっていたし。

 お二人の衣装が素敵だった。二人ともスラッとされ
 てるので、見栄えが良かった。ハイブランドのスーツ
 をさりげなくかっこよく着こなす井ノ原くんのスタイル
 の良さに改めてほれぼれしました。いやーなんか、
 ほんとかっこよかったな!井ノ原くん!ドキドキした。
 あさイチでの、「かわいいカジュアル」か、V6における
 いわゆるステージ衣装か、地味お洒落な私服、以外
 あまり見たことなかったから。OPのいのちゃんまんの
 紋付きには驚いたし、NHKからの愛を感じた。

 PerfumeとV6によるディズニーメドレーは想像通り
 超可愛かったです。特に剛健でキャラクター(何だか
 忘れたけど、グーフィーだっけ?)を挟んで踊ってる
 とことか世界平和!と思いました。剛くん、人間には
 人見知りするのに、着ぐるみだと初対面でも笑顔を
 向けられるのね。夢の世界のキャラクターにも容赦
 せず、腕力を振るう岡田さんも面白かった。剛健が
 キャラクターと同化してる一方、坂本くんと長野くん
 は二人してワールドの案内人のようなジェントルマン
 な雰囲気で。そしてミニーマウスとダンスする井ノ原
 くんにハートを撃ちぬかれました。あれ卑怯です。

 「ザッツV6メドレー」はMFTPと愛なんだ。WfYで
 魅せて欲しい気持ちは正直あったけど、今年の
 紅白のプログラム的にはこの選曲で正解だった
 と思いました。そう、20周年の年の締めくくりの
 紅白の舞台でデビュー曲を披露できたのはなか
 なか意味のあることだったと思う。

 後半、座ってちゃんと見れてない時間帯も多く、
 録画も見返せてないんだけど。子どもの頃から
 見てきた、昔からある伝統的な歌番組にV6が
 出ていて、その司会をメンバーの井ノ原くんが
 やっていて、っていう、多分4〜5年前の自分に
 教えてあげても絶対信じてもらえなさそうな。よく
 頑張ってきてくれたな、と思う、改めて。できれば
 今年も呼んでもらい、来年も再来年も、って定着
 してくれたら嬉しいけど、20周年の年の第66回
 という二度とない機会に、晴れ姿が見られて幸福
 だった、ありがたかったな、と思います。
夏生(なつを) * V6 * 20:56 * comments(2) * trackbacks(0)

年越蕎麦哀歌

JUGEMテーマ:ジャニーズ
 
 昨日のカウコン事前番組なるものはノーチェック
 だったのですが「V6コメントあるらしいよ!」との
 お知らせをいただき、慌ててテレビを点けたら、
 ちょうどV6が話す直前でした。危なかった。

 「カウコンで印象に残ってることは」と尋ねられて、
 森田君が「蕎麦ね」と。…蕎麦!!そのワードで
 古傷がうずうずうずいてきた。華やかな東京ドーム
 のステージで他ジャニーズたちが歌ってる時、V6は
 本命庵という蕎麦屋のカウンターに並んで、蕎麦を
 食ってた。井ノ原くんに至っては蕎麦の湯切りしてた。

 あの年のカウコン、生涯忘れない。本当に悲しかった。
 今でもなぜV6だけ蕎麦屋スタートだったのかさっぱり
 わからないです。私服だったのか普段着みたいな服
 でひっついてて可愛かったしメンバーも「イェーイ!」
 みたいな感じに明るくふるまってたけど切なくて画面
 観てるのがつらかった。

 いちファンとして忘れられないけど思い出したくもない
 悲しい蕎麦屋カウコンだけどメンバーも実は悲しかった
 のだと、7年経った今初めて知らされる事実ってかんじ。

 剛「あれはー…悲しかったね」
 快「あれはね、やっぱ頑張ろうと思ったよね」
 剛「思ったね!」
 快「あれに勇気を与えられたっていうかね」
 昌「そうだね」
 健「切なかった」
 快「あれがなきゃ俺たち20年やってこれなかった」
 昌「今ないね!」
 剛「確かに!」
 博「背中押されたよね、押してもらったんですよ」
 快「岡田くん、何かありますか?」
 准「いやー、やっぱ蕎麦がね!」

 このやりとりの時、みんな笑顔だったけど、岡田くん
 コメントでオチがついた笑い話にはなってたけど、
 言葉だけ取り出すと相当な切実さが感じられる。
 特に剛くんの、「悲しかったね」にはなんか重みが
 あった。記憶力ない(ないはいいすぎ)あの剛くん
 が「カウコンで蕎麦屋だった」ことと「悲しかった」
 ことを覚えてて、思い出したのかフッと目をしばた
 いて一瞬本当に悲しそうな顔をしたんだよ。今さら
 ながらに胸が痛む。

 本当はものすごく辛い気持ちだったけどブログには
 「可愛かったね!」みたいなことを頑張って書いた気
 がする。こんなふうに踏みにじられたような気持ちに
 なるのはファンの身勝手な想いであって、本人たち
 は淡々とお仕事として受け止めているのだろうって、
 思ってたというか、そう思いたかった。でもやっぱり、
 メンバーだって傷ついてたんじゃん!!て思ったら
 またやるせない気持ちにもなってしまう。

 でもでも、彼らは背中を押してもらったって言ってて、
 「あの蕎麦屋があったから、今の僕がある」って、
 WfYの歌詞みたいなこと言ってくれてる、ので、もう
 恨むのはよそう、と思いますが、しかし言ってくれて、
 でも今のタイミングで言ってもらえて良かった。先日
 ミュージックソンの大役を見事に果たしたばかりで、
 紅白を控える今この時で良かったです。

 ところで、坂本くんの「ONE MAN STANDING」
 の公式サイト、かっこいいですねー!!
 http://www.s-oneman.com/

 チケットはどこからも降ってきませんでしたが。
 私には高嶺の花だったようです(泣)。
夏生(なつを) * V6 * 12:28 * comments(2) * trackbacks(0)

ミュージックソン、お疲れ様でした

JUGEMテーマ:ジャニーズ

 24時間完走、お疲れ様でした。

 V6が今年のミュージックソンのパーソナリティに
 決定との発表があったのは11月1日、ツアーの
 オーラスの日でした。強烈な祭りの終わり感に
 頭を抱えながら、ああ、20周年の催しがすべて
 終了してしまった、これからどうしよう、来年から
 どうしよう、とぐるぐるしていた時だったので、祭り
 の延長を告げられたようでとても嬉しかったのを
 覚えています。クリスマスまではまだ20周年気分
 でいられるんだと。

 ただ同時に、ラジオか(顔見れないね)、テレビに続
 きまたしてもチャリティで24時間か(メンバーが大変、
 私たちも大変)、と思ったのも事実。何もないよりは、
 あった方が全然良いんだけど、実際問題24時間も
 ラジオ聴けないよなーとも思ってた。

 だがしかし!こんなに楽しい、こんなに素晴らしい、
 番組になるとは。最高でした!!最高のクリスマス
 だった。大きなプレゼントをいただいた気分。募金
 もさせていただきました。ありがとうございました。

 しかしラジオって結構な時間泥棒ね。テレビだと
 あまり長時間見続けていられないけどラジオって
 聴いてるともうあっという間に時間が経っちゃう。
 作業中、ちょっとだけ、とか自分に言い訳しながら
 イヤホン刺してズルズル長いこと聴いちゃってた。

 秀逸にV6ファン向けだったのは24日の深夜帯。離脱
 してた井ノ原くんと岡田くんが帰ってきて、二人による
 トークと進行になったら何かいきなり、いかにも深夜
 のノリになっていってそれまでとは別の番組に変わ
 ったかのようだった。スタートから坂本くんと健くんが
 メインパーソナリティを務めて進行していた間は和気
 藹々としながらもチャリティ番組としての真面目さを
 保っていたはずなのに、井ノ原&岡田コンビになった
 途端、テンポばっかりやたら良いが内容の無いゆるい、
 ゆるすぎる番組になってしまって、これで良いのかと
 心配になったくらい暴走ミッドナイトバカ兄弟だった。
 普段外では思い切り高級な猫を被るお二人なのに。

 その後、長野くん、剛くん、ちょっとしてから坂本くん、
 健くんが合流して久しぶりに6人になって「おまえら
 自由すぎだぞ」と坂本リーダーに軽く注意を受けるも、
 結局そのグダグダなノリのまま続行され、ラブセンの
 持ち込み企画だったっぽい「メンバーに壁ドン企画」
 だの「V6からの世界に一つのクリスマスプレゼント」
 だの、なんか皆楽しそうだからいいんだけどリスナー
 おいてきぼりですよね、何やってるのかな?な内容
 のまま、クリスマスカウントダウンが始まって、そして
 待望の、スタジオでのクリスマスライヴ!!!

 ううっ…。選曲といい、歌声といい、スタッフの皆さん
 からの声援といい、良すぎた!泣いた!クリスマス
 の深夜にひとり号泣する女。超こわい。こわすぎる。
 ホラーなホーリーナイト。

 でも、だって、本当に、しあわせだったんだもの。
 ラジオってそんな聴く方じゃないんだけどこんな、
 生放送で生歌なんて初めてで(音はカラオケと
 はいえ)、すごい感激した。選曲もテレビ番組の
 メドレーでは絶対にありえないランナップ。コア。
 もろファン向け。でありながらクリスマスらしい。

 セットリストは以下の通り。
 ●愛なんだ
 ●Lonely Holy Night
 ●silver bells
 ●Air
  ●愛のMelody
  ●MIRACLE STARTER〜未来でスノウ・フレークス〜
  (アンコール)

 「Air」における井ノ原くんの声のかすれっぷりに
 は血の気が引いたし心臓がキュッと縮み上がり
 ましたけども。翌日あさイチだしさあ。Mステ出演
 なしで良かったとこの時はやせ我慢じゃなく本気
 で思った。くれぐれも大晦日まで喉を大切に。

 ライヴの後の視聴者からの感想で「まさかここで
 『Air』が聴けるとは」というのが来ててそれを読ん
 でメンバーが同時にふはあっ!って感じに笑って、
 「この渋さがわかってるね」とか得意げでほんとに
 もう可愛くて幸福感に満ちてて、愛しかなかった。

 そんな素敵なライヴの後は午前1時からのナイナイ
 岡村さんと岡田くん二人によるオールナイトニッポン
 に向けて「岡村さんのもとに岡田を手ぶらで行かせ
 て恥かかすわけにいかないから」と手土産がわりの
 ギャグを考案&伝授のコーナー(岡田くん別に望ん
 でない)。これほんと酷かった。カオスだった。

 坂本くんはカラスのマネと称していきなり大音量で
 「ガァーーーッ」って叫ぶし(怖かった・うるさかった)、
 岡田くんは十八番の長野くんがステージで骨折した
 時の顔マネやらされるわ(見えない)、他にも次々と
 モノマネを要求され。ゴリラのモノマネを求められた
 岡田くんが「真似しなくたってゴリラだから」「ゴリラ
 みたいなもんだから」「ほぼゴリラだから」とすごい
 ゴリラ宣言してたのもしみじみおかしかったし。

 次々とやってくるゲストさんとのやりとりも色々
 面白くて、しばし健くんがひとりで番をしてる時、
 オードリーさんがお二人で来て、若林さんが日本
 アカデミー賞の岡田くんに「いい匂いがしますね」
 と言われた話、だから岡田くんは自分に気がある
 のではないか、みたいな話をされており、それに
 対し健くんが「ふうん、ケツ触られた?」とクールに
 言い放ったのが妙に私の中でヒットだった。
 
 「へえー、岡田に愛されてるのか、そうなんだ、
 だったら当然ケツ触られてるよね?はっ?ケツ、
 触られてないの?ケツも触られてないのに愛が
 あるとか言っちゃってんの?笑わせんなよ☆」
 というふうに聴こえた(笑)。

 来るゲスト来るゲストに健ちゃんは若いだのかわ
 いいだの肌つるつる言われるのに俺は全然言わ
 れない、と若干しょんぼりな坂本くんに研ナオコ
 さんが「いや、綺麗よ。みんな綺麗。V6はみんな
 きれいで、全員清潔感があるの。それ一番大事
 なこと!」と言ってくださったのも嬉しかったな。
 そうなの、だから好きなの、V6が、私は。なんか
 みんな濁ったかんじがないというか、そういう所
 が好きです。

 フィナーレにおける、ひとりひとりの挨拶は各自
 それぞれにグッとくるものがあったのですが、
 やはり最後をしっかり締めたリーダーのお言葉
 が素晴らしく、心に残りました。

 さすがに24時間は無理でも、時間がある時は
 常にラジオに耳を傾けていて、常にメンバーの
 誰かしらの声が流れていて、それは至福だった
 のだけど、やはり今どんな顔をしてるんだろう、
 服装はどんななんだろ、というのは気になって
 ました。

 でも、24日夕方のフジテレビ「みんなのニュース」
 と25日のめざまし、26日のめざまし土曜日で、
 このミュージックソンのもようを取り上げてくれて、
 映像が見られて表情とか着てるものとかを視覚で
 補えたので良かったです。

 クリスマスイブは皆さん比較的赤っぽい色の服
 で、翌日は黒っぽい色だったね。視覚支援学校
 の子どもたちと輪になって「WAになっておどろう」
 を歌ってるとこ見られて良かった。楽しそうだった。

 スポーツ紙も見たんだけど報知の6人並び立つ
 写真で右端にいる岡田くんの休日のお父さん感
 がすごい。隣のリアルお父さん、隣の隣のV6の
 お父さん役を差し置いて、末っ子が一番、雰囲気
 がお父さん。家族(的なもの)の関係性って、変化
 していくのだなあという感慨。

 ミュージックソンに関するネット記事。

 ●V6が24時間ラジオ完走、1万8千人集結
  (デイリースポーツ)

 ●イノッチ「スタッフとの絆は財産」
  (スポーツニッポン)

 ●V6、24時間“完走”に笑顔
  (テレビファン・ウェブ)

 ↑のテレビファン・ウェブの記事にある、井ノ原くん
 のコメントで、例の深夜の手土産ギャグを岡田くん
 は絶対やらねーって言ってたのに間髪いれずやっ
 てくれていた、という部分、私もそれほんとびっくり
 した。だって開始早々、坂本くんの「ガァー!!」
 をね、やって岡村さんに怒られてたし。まさかその
 タイミングで?しかもよりによってなぜカラス?!
 しかし兄さんたちに言われたことはそのまんまやっ
 てしまう業のような岡田さんの末っ子気質愛しい。

 まだまだ書きたいことはある気がするのですが長く
 なったのでこのあたりで。短くまとめたらばV6最高、
 ミュージックソンありがとう、の二言です。V6ファン
 になって今までで一番、幸福なクリスマスでした。
夏生(なつを) * V6 * 15:12 * comments(4) * trackbacks(0)

ラジオ・チャリティー・ミュージックソン&DVD!!BD!!!

JUGEMテーマ:ジャニーズ
 
 第41回ラジオ・チャリティー・ミュージックソン。
 12月24日正午〜12月25日正午まで生放送。
 パーソナリティーは、V6。
 http://www.1242.com/musicthon2015/
 (↑このTOPページの写真、素敵ですよね)

 途切れ途切れにではありますがOPから大竹しのぶ
 さん登場あたりまでをなんとか聴くことができました。
 何人かずつバラバラに登場するのかなと思いきや、
 スタートは全員集合で、初っ端に妙な謎の間があった
 りしつつも、わちゃわちゃと自己紹介したりしてて大変
 彼ららしく可愛かったです。

 観覧のお嬢様方の歓喜の悲鳴が、ぱひゅんぱひゅん
 みたいな爆発音のように聴こえてて、時折声がうわあっ
 と大きくなったりしてたのですが井ノ原くんが「さっきから
 手を振ってるけどなんか健が手を振った時だけ歓声が
 上がるんだけど。ねえ俺いるの見えてる?俺見えてる?」
 と憤慨してらしてワロタ。坂本くんだったかな?「作家さん
 じゃないからねー」とフォロー(?)する一幕も。

 番組を進行しつつ、交代でメンバーの皆さんが募金の
 電話を受けていて、その電話応対の声が聴こえてきた
 りもするんですね。甘渋い声で応対する岡田くんとか、
 「2000円か3000円募金したい」と仰る方に「じゃあ、
 そのうち2000円を募金してもらって1000円は自分
 のために使おうか」なんて素敵な提案をする坂本くん
 とか、長々と世間話しちゃう井ノ原くんとか。

 「クリスマスにみんなで過ごすなんて久しぶりだね」
 「なんか恥ずかしいよね」とか仰ってたけども、私は
 クリスマスにV6と過ごすのは初めてのこと(DVDを
 観て過ごしたとかいうのは除く)。
 
 関東地方はお昼前から晴れてきて、気温も高めと
 いうことなので、観覧に行かれた方は良かったです
 よね。これも互いの心がけの恩恵ということで。私は
 有楽町には行けないけど、声のみでも生は生、嬉しい
 ものだなあと、しみじみ幸福を噛みしめるクリスマス
 イブであります。

 クリスマスイブからクリスマスに日付の変わる瞬間、
 午前0時からはV6によるクリスマスライヴ開催!!
 楽しみです。何歌ってくれるんだろー。それまでに
 はまたリスナーに復帰にしたい。

 そして、ミュージックソン開始早々のタイミングで入って
 きたV6的ビッグニュース!!

 20周年ツアーDVDのリリースが決定したよー!!
 しかも!待望の!Blu-rayも同時発売だよー!!
 ★★★
2016年2月17日on sale!!!★★★


 その上!2013年OMGコン、2011年セクバニコン、
 2010年レディコン、もまとめてBlu-ray盤が発売。
 こちらも同日2月17日。そして1週間後2月24日には、
 映画「ハードラックヒーロー」、「ホールドアップダウン」、
 「COSMIC RESCUE 」「おと・な・り」のBlu-rayが
 発売されるとのこと。

 初回限定盤の特典内容なども既に発表されてます。
 詳細は以下のニュースサイトにて。

 ●V6デビュー20周年ツアーがDVD/BD化
 (音楽ナタリー)

 
 この報が入ってきてマジ泣きしてたので(だってBD化
 …夢にまで見たBD化!!)その間はメンバーの声も
 耳に入ってこなかった…すんまそん。

 
夏生(なつを) * V6 * 19:32 * comments(0) * trackbacks(0)

V6とPerfumeとディズニー

JUGEMテーマ:ジャニーズ
 
 クリスマスイブイブに大変素敵なニュースが入って
 まいりました!!

 紅白歌合戦で、V6とPerfumeと紅白司会の二人
 によるディズニーソングをフューチャーしたステージ
 が行われるとのこと。

 ●『紅白』司会・V6・Perfumeがディズニーと共演!
 (マイナビニュース)

 ●紅白でV6&Perfumeがミッキーたちと共演
 (音楽ナタリー)

 こんなの、観る前から可愛い、観る前から楽しいに
 決まってるよおおおおお。う、嬉しい。うちの子たち
 に白羽の矢を立ててくれて、NHKさんありがとう!
 Perfumeさんとの共演も嬉しい、まるで夢舞台。
 
 V6って年末年始消えてることの方が多く寂しかった。
 カウコンでさえちゃんと出してもらえない年もあって、
 ファンになってからあんまりいい思い出もなかったの
 に、ここへ来てこんな、いい年末が迎えられる年が来
 るなんて想像もしてなかった。なんか涙出てきちゃう。

 思えばLIVE MONSTERという番組で(とてもいい番組
 だったのにな…)三宅さんが20周年にやりたいこと、で
 「みんなでディズニーランド行きたい」って言ってたよね。
 「行くときはみんなキャラクターの扮装してディズニーの
 世界に染まって行かなきゃ」って。今年、みんなでランド
 には行けなかったけど、紅白のステージでディズニーに
 染まって歌って踊るんだなあ。感慨深い。

 大ちゃん、あ、浅倉大介さん、紅白見ててね(笑)!!
夏生(なつを) * V6 * 21:16 * comments(0) * trackbacks(0)

スタジオパークからこんにちは「井ノ原快彦」

JUGEMテーマ:ジャニーズ

 博様「Forever Plaid」再演おめでとうございます!
 こう、上から順に来年からのソロのお仕事のお話
 が入ってくる年末。嬉しいですね。次は誰かなー。

 そしてそして、井ノ原くんのスタジオパーク。
 可愛かった!!素敵だった!!
 トーク軽快だったし、ご機嫌よさそうだったし、
 V6のお話もたくさん聴けたし、有働さんからの
 愛のメッセージもあり(ヒューヒュー)。

 よったん応援隊の皆さま達の雰囲気も温かく。
 お客さん、ほんといっぱいだったねえ。うちわも
 たくさん。綺麗なお着物の方とかもいたねえ。
 (ひとり、知ってる顔がみえた気がするのだが…)

 ひょこっと出てきてぺこっとお辞儀して歩いてくる
 とこからまあ、可愛くて可愛くて。正面から見る
 と肩幅がっしりなのに、横向いたらごく薄で脚
 なっがくて、後頭部とお尻がぴょこんとしてて、
 入ってくるなり伊藤アナと高畑淳子さんにハグ
 かまして、お手振りしまくり、ファンサしまくり。

 観ながらもうずーっと、ああ、いいなあ、可愛い
 顔だなあ、なんて可愛い笑顔、可愛い座り方、
 可愛い歯だこと、また「可愛い」って言ってる、
 ああ、可愛い、可愛い、って「可愛い」ばっかり
 言ってた、心の中で。超可愛かった。

 前記事で、空前の健ちゃんブームと言った舌の
 根も乾かぬうちに言うけどやっぱり俺のイノッチ
 最高!!大・好・き!!

 MCのおひとりが、高畑淳子さんで良かったなー。
 そんな、15歳の時とかに共演してたなんて。
 wikiってみたところ「花王愛の劇場湘南ペンション
 通り」っていうのがそれですかね。しかし高畑さんが
 全く覚えてない一方で、井ノ原くんの記憶力の良さ、
 まるでランちゃん(@うる星やつら)。たまに怖い。

 もう一人の、伊藤アナが私はちょっと苦手でそれで
 スタパを敬遠しがちだったところがあるのですが、
 しばらく見ない間に、心無く上の空で話を聴く姿勢
 がだいぶ改善されていて、良きタイミングで適度に
 毒のあるツッコミをされるようになっていて以前の
 ようにイライラせずに見られました。まあでも井ノ原
 くんが上手いこと自分のペースに乗せてたような気
 もするが。

 「綾瀬はるかは俺が育てた」ネタは大受けだったし、
 事務所に入った当初の話もドッカンドッカン来てた
 けど、なんといっても、岡田くんの紅白フライング
 祝福メール&ガッツポーズ事件話が最高すぎた。
 これで世間に岡田くんが末っ子ドジっ子アホの子
 オッチョコチョイなのがバレてしまった。井ノ原くん
 も「お前まで何やってんだよー」と言ってたけど、
 そう、素人さんのご親戚の皆さんがスポーツ紙を
 鵜呑みにして連絡してくるのは仕方ないとして、
 岡田くん、業界に何年いるんだよ?って話です。
 真っ先にメールをくれた、というのは、アカデミー
 賞の時にメールした井ノ原くんの話と対になる
 いい話なんだけどさー。

 百科事典くらいの分厚さという噂の台本もまだ
 渡されてないみたいだし、ツイで「顔色悪い」と
 いう声が散見されたり、ミュージックソンもあるし
 大丈夫なのかとか、色々気がかりはありますが、
 とにかく紅白まで、身体に気を付けて、前日と
 前々日はお酒も控えて、頑張って欲しいです。
 楽しみ半分、ファンとしては心配も半分。
夏生(なつを) * V6 * 23:51 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ